本会の概要

代表幹事  :川内 章裕
副代表幹事 :唐澤 英偉、丸山紀史


本研究会は、腹部・体表臓器の日常診療における超音波ドプラ法についての会員相互の知識・技術の向上を図り、医学の進歩に寄与することを目的として、1996年9月に発足しました。

以後、年に2回の研究会に、医師、検査技師、超音波メーカー関係者、技術者、造影剤メーカーなど多数のご参加をいただき、多くの演題と活発な討議が行われています。また、up to dateな話題に関するワンポイントレクチャーや各分野の第一人者による特別講演が企画され、有意義な研究会となっております。

さらに、平成17年からは、指定超音波医学会関連研究会として認定されました。これより、超音波医学会専門医(平成17年4月26日以降が有効)ならびに超音波検査士(平成17年2月18日以降が有効)の資格更新に関して、単位が取得できます(発表5単位、出席5単位)。