少し前までは、再発時やAFPがなかなか下がらない場合などにすることがありましたが、勢いのある状態の腫瘍にはあまり効果が期待できないことが分かってきて、最近では転移や再発があった場合で切除をした後、ダメ押しとして行うようになっています。 




  移植の目的と種類 

肝芽腫での造血幹細胞移植は、白血病など血液のがんの場合とは違い、移植そのものが目的ではなく、通常の量の抗がん剤では叩ききれないがん細胞をやっつけるために超大量の抗がん剤を使うことが目的で、これを超大量化学療法と言います。
その結果として骨髄が自力での回復ができないほどのダメージを受けてしまうために移植が必要となるのです。

この場合、まず末梢血幹細胞を採取するための前処置として、イフォスファミドとエトポシドという抗がん剤を使います。
その後末梢血幹細胞を採取します。
骨髄からの採取に比べて時間はかかりますが、身体へのダメージは少ないため最近ではほとんどが末梢血からの採取です。

肝芽腫での超大量化学療法には2種類のコースがあり、状態や経過によってどちらを行うかが決まります。それぞれのコースによって使う薬は少し違います。

使う抗がん剤: エトポシド ・ カルボプラチン ・ アルケラン

使う抗がん剤: アルケラン ・ チオテパ