問題その1:
問題その2:
問題その3:
問題その4:
問題その5:
問題その6:
問題その7:
治療続行中に疼痛治療を本格的にする必要はない。  
疼痛管理は主治医が考えれば充分である        
ターミナルになったら痛くても仕方ない。          
疼痛をコントロールするには眠くなるようにするしかない。
痛みで苦しんでいても、麻薬は中毒になるので子どもには極力使わないほうがよい。 
疼痛管理について、それぞれの職分の中で話し合いをすべきだ。 
疼痛管理で最大の効果を出すためには、職分や病院間を越えて知恵を出し合うことが大切だ
                       


     
 このシンポジウムは、同時期に肝芽腫の治療を受けていてその後旅経った2人のお子さんの対照的な疼痛管理をきっかけに始めました。
 2人とも主治医だけでは疼痛のコントロールができなくなりましたが、1人は主治医が疼痛管理の専門家である院外のペインクリニックと連携して最後までほとんど痛みもなく笑顔で過ごせ、そしてもう1人は痛みをコントロールできないまま旅経ちました。
 「小児がんが治っても治らなくても、治療を続けていても続けていなくても、頑張っている子どもたちが少しでも多く笑顔で過ごせるようにしてあげたい。」
 そのために立場の違いを超えて知恵を出し合っていけたら、というのが始まりです。

 『痛みを取る』という目的のためには「主治医と患者・親」、「同じ病院の医師と看護師」、「血液腫瘍科と他科の連携」だけではなく、時として他の病院との連携も必要となる場合があります。 そうした連携を築くために必要なことをひとつずつテーマにしながら、連携プレーができるようにするにはどうしたらよいかを、医師・看護師・患者が同じテーブルで意見を交換しあう場がこのシンポジウムです。

 第1回目は2008.1.19に神奈川県立こども医療センター内で開催されました。
 この時はシンポジウムの試みに賛同した医師(3つの病院の小児がんを診ている医師6名)、看護師(3つのこども病院から参加)、患者(2つの患者会から参加)が集まり、それぞれの立場で話し合いをしました。

 このシンポジウムに参加する医療者が増えて、さまざまな連携ができていくことを願っています。
 小児がん関係の医師(どの科でも歓迎です)・看護師(興味のある方ならどなたでも)・患者さんの参加をお待ちしております。                                 
                                          (2008.6 肝芽腫の会代表)
第1回シンポジウム
2008.1.19
第2回シンポジウム
2008.6.28
第3回シンポジウム
2009.1.17
. 第4回シンポジウム
2009.6.20
. 第5回シンポジウム
2010.2.13
第6回シンポジウム
.2010.7.4
第7回シンポジウム
.2011.2.19.
.
.
.
.
.
.
.
.
.