DOUBLE MICROPHONE (だぶるまいくろふぉん)

1.NAGISA
2.ひるがお
3.August 27〜No Cross Road For Life〜
4.明日に向かう君たちへ



         
 
<『ひるがお』のクレジットより>

「ひるがお」は何気なく見ていたテレビの中で、「肝芽腫」という病気と懸命に闘う川口祐典くんの姿を見たDOUBLE MICROPHONEの二人が、自分たちに何か出来る事は無いかという思いの元に作られました。
これからもDOUBLE MICROPHONEは、肝芽腫と闘う子供たち、闘う子供たちを支えるご家族の方々、そして肝芽腫の会ならびに、懸命に命を繋ごうと日々努力されているドクターの方々を応援します。

              ひるがお

泣かないで一人じゃない 触れたその手が君を包む  *1
ほらママとパパがいて  君がいる今日は特別な日

君の寂しさ、不安、辛さ、悲しさ
本当の理解は出来ない。でも、ただ言いたい
苦しい時こそ楽しいこと思い出せばきっと力になる
広い空を見上げよう君が見てる世界は嫌な事ばかりじゃないよ
雨上がりに虹が架かるように明るい明日の為の今がある
曖昧だとか、偽善だとか、思ってんならそれは間違い
ことばが消えてしまうその前に伝えてみよう

*1

画面に映し出された無邪気な君の姿や
必死で生きようとする姿の君を
何気なく見てた僕は自分のちっぽけさや無力さを感じた
毎日薬を投与、涙で濡れた闘病記録ノート
何万分の1の現状でも負けずに明るく抵抗
小さくても偉大で、希望胸に抱いて
チューブに巻かれて笑って見せる
悲しませちゃうからって、誰のため? ママのため・・

気付かずに無駄にした日々 誰かが足跡残した今日 *2
ほら その小さな手が 握り締めていた明日の光

辛い思いもしたね、痛い思いもしたね
だけど君は乗り越えて来たんだね
本当の強さ、命の大切さ
かけがえのない事君が教えてくれた

*1 *2

泣かないで一人じゃない・・・
(日々の涙、生きる強さ、今日と言う日の大切さ)
ほら その小さな手が・・・
(君の姿、残す何か、当たり前なんかじゃない明日)

『ひるがお』が出来るまで

<製作者からの最初のメールより抜粋>

彼らが最初に肝芽腫という病気を知ったきっかけは、何気なく見ていたTV番組というささいなきっかけでした。

そのTV番組というのが昨年の11月に放送されていた、フジテレビさんの「奇跡体験アンビリーバボー」内の「生存率0の4歳児」という肝芽腫を患った川口祐典くんのドキュメンタリー番組でした。

その番組を見て、幼少の頃に肝芽腫とは比べ物にはならないぐらいですが、小さいささいな手術を経験していたシンガーのRIPPA(リッパ)は相方のGUARANA(ガラナ)と話し合い、「子供たちの励みになるような応援歌を書きたい!」、「今、何気なく生きている事が当たり前じゃない!」というメッセージを曲にしたいと私に言ってまいりました。

その意見に私も賛同し、「ひるがお」という曲を作りました。

その曲を、肝芽腫を患っている子供さん、父母の方たちだけではなく、色々な困難を抱えてる方、若くして命を絶ってしまう子供たちそしてそれを常日ごろから支えている方たちにも聞いていただけたらと思っています。

二人もショッピングモール、ライブハウスなどで命の大切さを少しずつではありますが、伝えていけるよう頑張っております。