(監修:池田正一。 神奈川歯科大学名誉教授。
元神奈川県立こども医療センター歯科部長。
日本障害者歯科学会理事。)
肝芽腫の発症年齢は0才〜4才までが最も多く他の小児がんと比べて低いため、化学療法によって永久歯にダメージを受けることがあります。しかしこのダメージは治療中には全く分かりません。
治療終了後4年くらい経ってから歯のレントゲンを撮ってみて初めて形成障害があるのかどうかが判ります。
一度受けたダメージをもとに戻すことはできませんが、その後のケアや対処方法をしることで日常生活への影響を最小限にしていくことが出来ます。
また化学療法をしている場合、形成障害があるのかどうか判らない段階でも口腔ケアをすることは重要です。


1. なぜ肝芽腫の治療で歯の形成障害を起こすの?
2. 肝芽腫の治療において形成障害の原因となるもの
3. 歯の形成障害の例
4. 化学療法中に認められる口の中の合併症
5. 虫歯や歯周病ケアはどうする?
6. Q & A




  1.なぜ肝芽腫の治療で歯の形成障害を起こすの? 

歯の形成は妊娠6〜7週から始まり、乳歯と永久歯の形成は8才頃まで続きます。
この形成機関に何かがあると傷がつき、ダメージは歯にそのまま残ります。歯は1回作られると再生せず、骨のように一度折れたものがくっつくこともありません。

歯には『
歯冠(しかん)』と呼ばれる部分(口を開けて見える歯の部分)と、『歯根(しこん)』と呼ばれる歯茎の下に隠れて見えない部分があり、歯冠が出来る段階でダメージがあると、歯そのものが作られなかったり、作られても小さかったり、地層のような筋が残ったりします。また、歯根が出来る段階でのダメージでは歯の根っこが様々な形で短くなったりします。
いずれにしても歯の成長時期と照らし合わせると、原因そのものを歯から判断することはできませんが、「歯の形成に影響を与える何かがあった」大体の時期は特定することが出来ます。また、「最初に歯冠が作られてその後に歯根が出来る」ことを考えると、
ダメージを受けた年齢が低ければ低いほど、その影響も大きくなるということが判ります。

肝芽腫の子のほとんどは4才頃までに発症に化学療法を受けるため、歯の形成時期と重なり『形成障害』を起こすことがあるのです。(すべてのおこさんに起こるわけではありません)





  2.肝芽腫の治療において形成障害の原因となるもの 

化学療法を7才までに受けると歯の形成障害が認められることが多い。




  3.歯の形成障害の例 

その歯が全く作られない。

成長が悪くて本来の大きさにならない。

歯の根っこの部分が正常よるも短い。
形によって図のように型が分かれるが、いずれにしても根っこが浅いので抜けやすく、ぶつかるなどの衝撃に弱い。


歯が出てくるのが遅い。
エナメル質の形成が不十分だったり、あごの骨が小さい。

(右の図)
治療終了後約3年の6才男児。
矢印は「矮小歯」。「歯根短縮」は年齢が低いためまだはっきりと判らない。 (2才4か月〜3才4か月まで化学療法としてCITA6回とITEC6回を受ける)


  4.化学療法中に認められる口の中の合併症 

 血小板減少による出血
歯ぐきや抜歯後

 免疫抑制剤による二次的な感染症
神経に達する虫歯から骨髄炎を起こすこともある。

 潰瘍・口内炎ができる
 唾液の減少による虫歯・歯周病
唾液が少なくなると口腔内の自浄作用が落ち、その結果虫歯や歯周病になりやすくなるということです。
虫歯については白血病で治療を受けた患児とその兄弟との比較をしたものがあり、移植時では29.7%、化学療法で7.4%、頭蓋放射線照射で6.6%、それぞれ患児のほうが虫歯になる率が高いという結果が出ています。



  5.虫歯や歯周病ケアはどうする? 

薬による歯の形成障害を予防する方法はありませんので、とにかく健常児以上に口腔ケアが必要です。
 一番大事なのは、やはり歯磨き!
虫歯の予防については基本的にはブラッシングが大切です。また、歯科で定期的にフッ素を塗ってもらうというのも効果的です。
治療中のイソジンでのうがいはあくまでも口腔内の殺菌のためで感染症の予防にはなりますが、虫歯の予防には効きませんので、やはりブラッシングがよいです。ただ化学療法中で吐き気のある時や、寝る前などで子どもがぐずってやりたがらない時は無理にやらないほうがよいこともあります。
気分の少しよい時、機嫌のよい時に時間にこだわらず「慣れる」ことを大切に考えてやるのがよいでしょう。

 歯に強い衝撃を与えないよう日常の注意も必要!
歯周病になると歯の骨が吸収されて、そのまま放置するとグラグラになり抜けてしまう場合がありますが、歯根短縮があるとただでさえ根っこが短いですから簡単にグラグラになったり抜けてしまうこともあります。
歯根短縮という状態は、歯をぶつけたりスポーツなどでボールが歯に当たったりした場合少ない衝撃でも抜けてしまうことがあるので、そういうことへの日常の注意も必要です。

 形成障害があるかどうかを確認するには?
レントゲンを撮ることで形成障害の有無を確認することが出来ます。ただ治療から4年くらい経過しないとレントゲンでの確認がむずかしいので、レントゲンを撮るのであればそのくらい経ってからがよいでしょう。



  6.Q & A 

 フッ素を定期的に塗って健診をしてもらうのが一番よいのですか?
そのとおりです。
だいたいの化学療法剤は唾液を減少させるので虫歯ができやすくなります。歯の表面を強化するのは今のところフッ素だけです。最近では家庭用フッ素もあり、お店で買うことが出来ます。

 うちは生後11ヶ月で発症して9回化学療法をやりました。今2才です。歯への影響は何かしらあるということでしょうか?
あると思います。
ただ2才だとまだレントゲンを撮るのはむずかしいと思います。

 歯磨きをさせるのがいいのですね?
そうですね。2才でしたらまず歯ブラシになれることからですね。口の中を人がさわることに慣れるというか・・。
朝起きて機嫌のよい時に慣れさせるためにやることが大切です。嫌がるのを無理にするのはやめたほうがよいです。無理にやるとどうしてもイヤになってしまうので、まず楽しく遊びながら。きれいにすることよりも慣れることを大事にしてください。汚れはそれこそ歯医者さんできれいにしてもらえばよいかと思います。

うちは車いすを使っていて障害もあります。歯科では虫歯が8本あると言われました。またエナメル質の形成不全とも言われています。月に一度フッ素を塗ってもらっていますが、家庭用で家でも塗っていたらエナメル質が硬くなったと言われました。これはどういうことなんでしょうか?
フッ素を塗ることによって再石灰化が起こっているのだと思います。これはいいことなんですよ。ただフッ素を塗る時に歯垢がついていると再石灰化が起きないので、歯をきれいにしてからフッ素を塗らないとだめです。

歯根短縮や矮小歯があると大人になってから早い時期に抜けてしまう場合もあると聞きました。
抜けてしまった場合でもインプラントなどで歯を再生することは可能ですか?
可能です。
インプラントでは歯ぐきに穴を開けてあごの骨の中に金属の棒を入れるのですが、口の中と言うのは常に唾液にさらされているので、そこへ金属を入れるとどうしてもいろんな感染を起こしやすいということはあります。
また歯根の短い歯では、歯の真ん中に穴を開けて金属の棒を入れるのですが、歯根が短いだけでなく形が変形していることもあるのでなかなか大変な場合もありますが、これも将来的には可能だと思います。
もうひとつ、矮小歯や歯根短縮によって歯並びが悪くなり、それをきれいにしてほしいという方もいらっしゃいます。やはり昔と違ってQOL、生活の質の向上を求めるようになってきたんですね。
ただ歯列矯正については問題点もありまして、もともと根が短いのに矯正のための器具をつけて歯に力を加えると、さらに根が短くなってしまうので歯列矯正をしたほうがよいのかどうかむずかしいところですが、これからの方法のひとつではあると思います。

衝撃によって歯が抜けた場合なんですが、乾燥させるとダメなので牛乳につけて歯医者さんに持っていくとよいと聞きますが、本当ですか?
本当です。
抜けてしまった場合、牛乳につけて持ってくるのが一番です。抜けてからの時間が短いほどよくつきますが、全く乾燥してしまって3日くらい経ってしまったものでも一度はトライします。もちろん乾燥して時間が経てばダメなこともありますが、ついたこともあります。