PROF. WOLFFF

  ドイツのプログレッシヴ・ロック・グループ「PROF. WOLFFF」。 71 年結成。82 年解散。唯一作は、濃厚な情感にあふれるオルガン・ロック。

 Prof. Wolfff
 
Klaus Peter Schweitzer additional guitar, piano, lead vocals
Romi Schickle organ
Mondo Zech bass, vocals
Michael Sametinger drums, percussions
Fritz Herrmann guitar, vocals, harmonica

  72 年発表のアルバム「Prof. Wolfff」。 内容は、ヘヴィで叙情的なオルガン・ロック。 ギターとオルガンが絡むハードな展開と、哀愁のオルガン・ソロを主とした作風である。 サウンドは、生々しく重くクラシカル、そして、ちょっぴりサイケデリック。 ややポップな歌メロやリズムから、ビート・グループのイメージも強い。 また、アコースティック・ギター伴奏やコーラスなど、フォーク的な面も見せる。 キーボードは、オルガンの他にエレピやピアノも操り、「瞬間 VANILLA FUDGE」や「ここだけ THE NICE」も当然の如くあり。 全体に、オルガンのソロに加えて、オルガンとギターのコンビネーションがなかなかよく、さらに、音の古めかしさを越えた曲展開の面白さがある。 つまり、PROCOL HARUMCRESSIDASTILL LIFE など VERTIGO のオルガン・ロックの音の肌合いと、70 年代前半の熱い空気を愛するものには、絶対に抗えない魅力がある。 やや濃い目で荒削りだが、ヘヴィにしてポップという魔術が効いてます。 重く手数の多いドラミングも、こういう音にはぴったり。 プロデュースは、ヨナス・ポルスト(IHRE KINDER のマネージャー)。 ヴォーカルはドイツ語。

  「Hetzjagd」(9:59)RARE BIRD の「Sympathy」に似た泣きのバラード。 イントロからじっくりクラシカルなオルガンを聴かせ、モノラル風のヴォーカル・パートを経た後に、奔放なインストゥルメンタルへと発展する野心作である。 前半では、哀愁漂うオルガンが、終盤へ向けて熱く煮えたぎり、ギターと激しく呼び合う。 そして、熱いクライマックスを過ぎた後の空しいオルガンの響きが絶品。 リズムも重過ぎず古めかし過ぎず、丁度いい。 傑作でしょう。

  「Hans Im Glück」(7:46)ブリティッシュ・ロック直系のブルージーでハードなバラード。 じっくり歌いこむバラード調のメイン・パートが、リズム・テンポの変化とともに、ブギー風の勢いいい演奏になる。 ピアノ、ヘヴィなオルガン、ギターが、それぞれにすばらしい。 クラシカルなアンサンブルを見せつつ、目まぐるしく変化しながら突き進む。 中盤のジャズ・ビートにのったスピーディなオルガン・ソロでは、「ジョン・ロード」も入ってくる。 ギターはシンプルなプレイだが、ヴィブラートを効かせたフレージングがなかなかカッコいい。 テンポの変化がドラマを生む。

  「Mißverständnis」(4:05) アコースティック・ギターのリズミカルなストロークと野卑なコーラスによる英国風フォーク・ロック。 ビート・グループのようなハーモニーに対し、ドコドコいうビートは奇妙にラテン、キューバン調である。 リンゴ・スターの「I wanna be your lover, Babe」からボブ・マーレイまで、さまざまな連想をかきたてて止まない。 CRESSIDA への連想も。 台所で足踏みしているようなパーカッションが面白い。 中盤は、一転ゆったりした 8 分の 6 拍子へと変化して、悠然たるオルガンが迸るジャジーな演奏になる。 この変わり身が凄い。 アコースティック・ギターのソロもフィーチュアされる。 佳作。

  「Das Zimmer」(4:52) アコースティック・ギターのアルペジオ、フルート、ピアノが美しい英国風フォーク・ソング。 意外なまでにハイトーンのハーモニーが美しい。 ハモンド・オルガンのへヴィなオブリガートもいい感じだ。 中間部はリズムが軽やかな調子に変化し、スライド・ギターも現れてカントリー・ソウル調。 ビートポップ調のマイナーなコーラスを経て、サビが復活。 最後は、再び穏やかなフォーク・ソングへ。 英国プログレッシヴ・フォークを思わせる幻想的で、振れ幅の大きい変化のある作品だ。

  「Weh'Uns」(9:48) 冒頭からシャフル・ビートで重々しく突っ走るハードロック。 ハードロックといいつつも、60 年代サイケの名残たっぷりである。 オルガンはバッキング主体であり、決してテクニカルではないながらも主役はギターか。 クラシカルなハードロックということで、どうしても DEEP PURPLE が連想される。(というか、マンマなフレーズが飛び出す) ユーモラスなエピローグは、どことなく PINK FLOYD っぽい。 ハードなサウンドと武骨でユルめのヴォーカル・ハーモニーの対比、アシッドな毒気と妙なまろやかさの不思議な不均衡が魅力。

  「Hetzjagd」(3:17)ラジオ・エディット。
  
(001673-2 / SB 045)


  close