KING CRIMSON

  イギリスのプログレッシヴ・ロック・グループ「KING CRIMSON」。 60 年代末に結成、現在も先鋭的なサウンドで活動を続ける。 40 年に渡る活動は、音楽的にいくつかのフェーズに分けられる。 69 年から 72 年までは、フリー・ジャズの影響を強く受けた大胆な即興と近代クラシック的な和声/アンサンブルを結びつけた作品が主であり、解散/再結成を経た 73 年以降は、メタリックなサウンドと超絶技巧による現代音楽的な即興作品、そして 80 年代以降はミニマル・ミュージック、ポリリズムの手法やさまざまなテクノロジーを盛り込んだヘヴィ・ロック作品を発表している。
  爆発力ある演奏が生む破壊のカタルシスと、厳粛にして幻想的な叙情を漂わす構築美が交錯する音楽性は、多くのミュージシャンに影響を与えつつも、オリジナリティという点で唯一無二の孤高の境地にある。 ロバート・フリップの音楽家としての姿勢を反映してか、通常のロック・バンドのレベルを遥かに越えた途方もない器楽実験の継続を重視しているところも、グループを特異な存在にしているようだ。
短 2 度、増 4 度、8 分の 6 拍子、ストラヴィンスキー、バルトークの諸作がすべて CRIMSON に聴こえてしまう人も多いはず。 2015 年 12 月来日。CRIMSON が好きなら DONOVAN も聴こう。

 In The Court Of The Crimson King

 no image
Robert Fripp guitars
Ian McDonald flute, sax, clarinet, keyboards
Greg Lake bass, lead vocals
Michael Giles drums, percussion
Peter Sinfield words, illumination

  69 年発表のアルバム「In The Court Of The Crimson King」。 あらゆるプログレッシブ・ロックの出発点、アンカー・ポイントといえる作品の一つ。
  オープニングの「21st Century Schizoid Man/Mirrors」から終曲「In The Court Of The Crimson King」まで、ジャズの持つ激情/狂気とクラシックの叙情/荘厳さをロックに取り込んだ、とてつもない音楽になっている。 荒々しくヘヴィなリフで幕を開ける「21st Century Schizoid Man/Mirrors」は、ブルースとジャズを火の粉のように飛び散らせて狂気のフレーズを吐き出すギター、そのギターに絡みつくように吠えるサックス、そして柔らかなタッチの生み出す引き締まったリズムが、嵐のようなインストゥルメンタルを繰り広げるブリティッシュ・ロックの金字塔的なナンバー。 暴力的なまでの決めのユニゾンとそれを受けてたつドラムスが生み出す緊迫感は、言葉にし難い。 また、フルートとメロトロンの響きが生み出す静謐なバラード「I Talk To The Wind」のたたえるいびつな叙情味と寂寥感、さらには雄大なシンフォニーにのせて絶望感に満ちた物語を繰り広げる「Epitaph」における凄絶なまでの美と重厚さなども、無比の境地にあるものである。 そして「Moonchild」では、マイルス・デイヴィスに迫るテンションと静かな色彩があふれるジャズ・ロック・インプロヴィゼーション(同時期のジョン・サーマンにも共通する)を展開し、終曲「In The Court Of The Crimson King」では再び壮麗なシンフォニーを奏でて大団円を迎える。
  プロローグのノイズのような音の意味や、そもそもどのようなアイデアから出発してこんなアルバムが作れたのかなど、興味はいまだ尽きない。 意識の拡大に無残にも失敗し、無常感のみが残った 60 年代の灰塵の中から現れ、来るべき時代も絶望に満ちるであろうという恐怖の予言を唱えつつ、不気味に微笑みながら新時代の幕を開けた作品であった。
あまりに語られたせいか、この辺りの作品は聴いていないのに聴いたつもりになっている人も多いのでは。会社(学校、育児他)休んで居住まい正してちゃんと聴いてみましょう。邦題は「クリムゾンキングの宮殿」。

  「21st Century Schizoid Man including Mirrors」(7:20)
  「I Talk To The Wind」(6:05)
  「Epitaph including March For No Reason and Tomorrow And Tommorow」(8:47)
  「Moonchild including The Dream and The Illusion」(12:11)
  「In The Court Of The Crimson King including The Return Of The Fire Witch and The Dance Of The Puppets」(9:22)
  
(ILPS 9111 / EGCD 1)

 In The Wake Of Poseidon

 no image
Robert Fripp guitar, mellotron, devices
Keith Tippett piano
Peter Giles bass
Mel Collins saxes, flute
Greg Lake vocals
Gorden Haskell vocals
Michael Giles drums
Peter Sinfield words

  70 年発表のアルバム「In The Wake Of Poseidon」 は、 「Peace」と名づけられた小品がナビゲーションする構成以外は、音楽的なヴァリエーションという意味で概ね前作の延長上にある作品である。 新メンバーとして英国フリー・ジャズ・シーンの気鋭キース・ティペットが新風を吹き込み、さらに、脱退したイアン・マクドナルドに代わって、サックス奏者のメル・コリンズが加入している。 また、ベース演奏はピーター・ジャイルズが担当し、レイクはヴォーカリストに専念する。
  「21世紀」の変奏とも取れるハードで狂気を孕んだインストゥルメンタルが迫る「Picture Of The City」や、レイクによる厳かなヴォーカル表現と決然たるメロトロンの調べが感動を巻き起こすシンフォニックなタイトル・ナンバーに加え、ホルストの「火星」をモチーフに、轟々たるメロトロンの多重録音が魔術的な展開を繰り広げる大作「Devil's Triangle」など、重厚な作品が並ぶ。「Devil's Triangle」の終盤の渦を巻くような混沌には、そのまま次作につながる感触がある。 また、アヴァンギャルドなヴォーカルが生む独特のブラック・ユーモアと、先鋭的なフリー・ジャズ・ピアノの演奏が印象的な「Cat Food」は、このグループの新たな一面といえるだろう。フリップとマイケル・ジャイルスがジャジーなプレイで応戦するのも聴きものだ。 そして、「Cadence And Cascade」では、ヴォーカルにゴードン・ハスケルを招いて、イアン・マクドナルドによる主題を発展させた繊細な夢想美を描いている。 素朴な歌唱が、心の奥底の幼年期の記憶を優しくたどってゆくようだ。
  前作のなぞり直しという印象が強いが、ティペットの演奏に代表されるように、前作よりもジャズ的な自由さ、広がりが感じられる。 メル・コリンズの嗜好か、ファラオ・サンダースの「Karma」に近い世界を見せる場面もある。 おそらく、即興演奏に無類の強みを発する KING CRIMSON の真の姿を垣間見せたスタジオ・アルバムなのだろう。 個人的には、グレグ・レイクが全作品のヴォーカルを取れなかったのが少し残念。 本作を最後にジャイルズ兄弟はグループを脱退し、すでに独立していたマクドナルドとともに McDonald & Giles を結成する。邦題は、「ポセイドンのめざめ」。
  
  「Peace - A Beginning」(0:49)レイクのアカペラ。
  「Pictures Of A City including 42nd At Threadmill」(8:03)中盤からのインプロ・パートのえもいわれぬ謎めいたムードがいい。
  「Cadence And Cascade」(4:27)McDonald & Giles の作品「Flight Of The Ibis」は双子の兄弟。
  「In The Wake Of Poseidon including Libra's Theme」(7:56)CRIMSON 節ともいえる厳かなるメロトロン・バラード。キメのベンディングが独特なフリップのアコースティック・ギターのプレイとジャイルズの表現力豊かな丹念なドラミングを聴くことができる。
  「Peace - A Theme」(1:13)淡い色合いのフリップのアコースティック・ギター・ソロ。
  「Cat Food」(4:34)フリー・ジャズ風のアヴァン・ポップ。ティペットの独壇場。後半フリップも応戦する。英国らしいジャズとフォークの邂逅がここにもある。
  「The Devil's Triangle」(11:39)ノイズ・ミュージック的なアプローチも見せる大胆なボレロ。混沌と荒廃。スネア・ロールが銃撃の音に聴こえる。前作の最終曲のコーラスもコラージュされる。後期 BEATLES 的ともいえる。
    「(i) Merday Morn
    「(ii) Hand Of Sceiron
    「(iii) Garden Of Worm
  「Peace - An End」(1:53)レイクの身を削るように物寂しいアカペラが再現されるも、ギターの登場とともに暖かな風が流れ込んで穏やかにアルバムを締めくくる。高音のハーモニーは誰?レイクのファルセット?
  
(ILPS 9127 / EGCD 2)

 Lizard

 no image
Robert Fripp guitars, keyboards
Mel Collins flute, saxes
Andy McCulloch drums
Gorden Haskell bass, vocals
Peter Sinfield words, pictures
guest:
Robin Miller oboe, cor anglais
Mark Charig cornet
Nick Evans trombone
Keith Tippett piano, electric piano
Jon Anderson of YES vocals

  70 年発表のアルバム「Lizard」。 フリップ、シンフィールド以外のオリジナル・メンバーがすべて去り、実質的に KING CRIMSON は解体された。 しかし、その音楽は、煮えたぎる混沌と情熱を孕みつつ厳然と偉容を保ち続けた。 前作を上回る英国ジャズ・シーンのサポートを得た本作は、大幅な管楽器セクションの導入によって、モダン・ジャズ、フリー・ジャズ、そしてポスト・フリーの世界をにらんだ、美しくもエキセントリックな英国らしい音楽世界となった。
  アルバムは、前二作と同じく衝撃的な作品「Cirkus」で幕を開ける。 激しいアコースティック・ギターをフィーチュアし、ブラスやメロトロン、独特の逸脱感を孕むヴォーカルらが、繊細な叙情を湛えながらも、邪悪なパワーを迸らせ、どこまでも捻じれていく。 前作のティペットの参加で示唆された新たな前衛ジャズへの志向を明確にした、まさしく異形の音楽である。 狂気が吹き荒れる物語の中で官能的な管楽器とピアノの調べに酔いしれることができる。
   様々な楽器のフレーズの断片が、ゆっくりと渦を巻くような眩惑的なインストゥルメンタルが繰り広げられる「Indoor Game」にも、新しいジャズへの希求は現れている。 ヴォーカルの評価は分かれるところだが、「Happy Family」のようなネジの外れたようなブラック・ユーモアをもつナンバーでは、ハスケルのヴォーカルが生きていると思う。 しかしフリップ卿はお気に召さぬようだ。 もっとも本曲の焦点は、ティペットの鮮烈なソロ・ピアノとコリンズのフルートらによるフリー・ジャズ・セッションのようなインストゥルメンタル・パートにある。 小品「Lady Of The Dancing Water」は、透明で繊細な美しさを湛えた佳品であり、こういう曲では、たしかにレイクの美声が懐かしくなってしまう。
   それを補うかのように、組曲「Lizard」では YES のジョン・アンダーソンがゲスト・ヴォーカルとして迎えられ、シンフォニーに色を添えている。 本組曲は、重厚なメロトロンとブラス、透徹な響きの木管、ボレロのリズムが生み出す豊かな色彩をもつ交響曲とジャズ・アンサンブルが交錯し、夢想的なヴォーカル・パートを経て、緊迫感にあふれた怪奇なアンサンブルへと展開してゆくスリリングな野心作である。 典雅なクラシックと猥雑なジャズを行き交ううちに見たことのない景色が目の前に広がり、サテュロスのいななきのように不気味なパワーでにじり寄るユニゾン・リフ、連鎖反応で遊爆を続けるブラス、湿り気を帯びた古い呪文を吹き上げるメロトロン、無限に崩れ続けるピラミッドのようなドラミングにさらされるうちに、そこが KING CRIMSON という魔術師が築いた異世界であることに気づかされる。 そして、ジャズのエネルギーを飲み込んで肥大し、触手を伸ばし続ける異形のアンサンブルが、メリーゴーランドのように回りながら無限の彼方へと吸い込まれて消えてゆくと、聴き手は一人忽然と取り残されて悪夢の名残を噛み締めて汗をぬぐうのだ。 独特のカラフルなエキセントリシティには、ベラ・バルトークの「舞踏組曲」や「中国の不思議な役人」辺りからの影響もあるようだ。
  ジャケット同様、全体に、中世暗黒時代を連想させる古典的な美しさとフリー・ジャズのもつ狂おしく現代的なエネルギーが錬金術のように混ぜあわされ、摩訶不思議な御伽噺のようなイメージを抱かせるアルバムとなっている。 鮮やかに響き渡るコルネットやオーボエがいつまでも耳に残る。 巷では評価の分かれる作品だが、僕は絶品だと思います。 この雰囲気は初期の GENESIS に通じるものがあるし、おそらくそれは英国の伝統に根ざしているのだろう。 キライな人は何年か経験つんでから、また聴き直してみてくださいね。 収録時のメンバーが短期間のうちに脱退したため、ライヴ演奏がほとんどされていない楽曲の多い作品でもある。
  
  「Cirkus including Entry Of The Chameleons」(6:28)
  「Indoor Games」(5:41)
  「Happy Family」(4:16)
  「Lady Of The Damcing Water」(2:44)
  「Lizard
    「(a) Prince Rupert Awakes」(4:36)
    「(b) Bolero - The Peacock's Tale」(6:39)
    「(c) The Battle Of Glass Tears including :」(10:58)
      「(i) Dawn Song
      「(ii) Last Skirmish
      「(iii) Prince Rupert's Lament
    「(d)Big Top」(1:13)
  
( / EGCD 4)

 Islands

 no image
Robert Fripp guitars, mellotron, Peter's pedal, harmonium, sundry implements
Mel Collins flute, bass flute, saxes, vocals
Boz bass, lead vocals, choreography
Ian Wallace drums, percussion, vocals
Peter Sinfield words, sound, vision
guest:
Keith Tippett piano
Paulina Lucas soprano
Robin Miller oboe
Mark Charig cornet
Harry Miller string bass

  71 年発表のアルバム「Islands」。 では、前作に続いてジャズ・ミュージシャンがゲスト参加。 前作まで比べると、アコースティック・アンサンブルの繊細な美しさに力点が置かれた結果、パワフルなフリー・ジャズ色よりも静謐なサウンドの印象が強い内容となっている。 RETURN TO FOREVER が翌年開花させる音楽性に、いち早く到達していた感すらある本作は、マイルス・デイヴィスに始まるポスト・フリーの流れが、英国でもイアン・カー、SOFT MACHINE、キース・ティペットらによってしっかりと受け止められていたことを示す一例だろう。 また、ロバート・フリップがプロデュースしたティペットのジャズ・オーケストラの音楽との相互作用もあったのかもしれない。
  オープニング・ナンバー「Formentera Lady」は、まさに RETURN TO FOREVER ばりのジャズ・アンサンブルによるアコースティック・インプロヴィゼーションの謎めいた美しさと東洋的な響きに魅せられる名作。 ティペットの奔放にして瑞々しいピアノ、ハリー・ミラーによる神秘的なダブル・ベース(バール・フィリップスを思わせるところもある)、ポリーナ・ルーカスのソプラノ・ヴォイスが印象的だ。 また、CRIMSON 節ともいえるメカニカルで神経質な 8 分の 6 拍子にドライヴされてギターが火を吐く次曲「Sailor's Tale」は、叙情的な本アルバムではそのエレクトリックな攻撃性で際立った存在感を放つ。 サックスとギターのロング・トーンによる付かず離れずのユニゾンは、荒々しい即興のぶつかり合いへと発展し、ヒステリックにかき鳴らされるギターとメロトロン・ストリングスは、星々の海を煮えたぎらせて新しい星雲を生み出す。ここに「太陽と戦慄」の原型を見ることも可能ではないだろうか。
   このオープニングの二作品はあまりに鮮やかな好対照を成す。 そして、美しい前曲のラストで、既に煮えたぎる次曲のテーマが静かに奏でられているところが興味深い。 両者は互いに変奏曲であり、ヤヌスのような CRIMSON の二面性を現している。
  ほかにも "悪魔の BEATLES" と謳われた「Ladies Of The Road」における歪曲したポップ・ソングのパロディや、ピーター・ハミルと共通する哀感と怪奇趣味が混ざった歌詞とダイナミクスの大きい演奏が強烈な「The Letters」など、エキセントリックな美感を提示する作品が並ぶ。 そして、なんといっても白眉は、ボズ・バレルの美しいヴォーカルをフィーチュアし、静けさと気品に満ちたタイトル曲「Islands」だろう。 バス・フルートやコルネット、オーボエ、ピアノ等、アコースティックな響きをフィーチュアしたサウンドは、繊細なヴォーカルとあいまって、シンフォニーというにはあまりにたおやかであり、黄昏の淡い光とやがて訪れる深い闇の予感をイメージさせる作品になっている。 ジョン・ダンの「誰がために鐘は鳴る」を思わせる歌詞のなんと美しいことか。 この、一貫して彼等のアルバムに現れた彼岸的かつシンフォニックな作風は、再結成後にはジョン・ウェットンの手で引き継がれてゆき、CRIMSON サウンドの特徴の一つになる。 また、本作はピート・シンフィールドにとって最後の参加作品となったが、作詞の才能はここでもいかんなく発揮されている。 じつは、彼の個性こそが初期 CRIMSON に漂う繊細なリリシズムの源泉なのでは、と改めて思わせるところもある。
  さて、本作で英国ジャズのアコースティックな響きに魅せられた方には、キース・ティペット主導の CENTIPEDE による「Septober Enegy」やジョン・サーマン(John Surman)の Deram 録音作「Tales Of The Algonquin」、さらにはマイク・ウエストブルックの名作「Metropolis」などをお薦めする。
  
  「Formentera Lady」(10:16)
  「Sailor's Tale」(7:34)
  「The Letters」(4:32)
  「Ladies Of The Road」(5:35)
  「Prelude: Song Of The Gulls」(4:15)
  「Islands」(11:54)LP にはなかったが、CD には最後にオーケストラの収録の様子の断片が入っている。
  
(ILPS 9175 / EGCD 5)

   72 年にライヴ・アルバムを録音して、いわゆる第一期 CRIMSON は終焉を迎える。 その終焉を感じ取るかのように、このライヴ・アルバム「Earthbound(HELP 6 / PCCY-01615)は、サックスやドラムスらがインプロヴィゼーション中心の荒々しい演奏を繰り広げ、スタジオ盤のもつ緻密さが生む緊迫感とは別のエネルギーを放射する作品となった。 アナログ時代に日本では発売されなかったので、輸入盤を探し回ってようやく入手したのが懐かしい。

 Lark's Tongues In Aspic

 no image
Robert Fripp guitars, mellotron, devices
Jamie Muir percussion, allsorts
John Wetton bass, vocals
Bill Bruford drums
David Cross violin, viola, mellotron

  72 年発表のアルバム「Lark's Tongues In Aspic」。 ヴァイオリンとパーカッションの導入に加え、メンバーの刷新を図って到達した、音楽的実験の頂点となる作品である。 嵐のように猛威を奮うパーカッション、感情移入を拒絶する無機的なフレーズを繰り出すギター、狂気を迸らせるヴァイオリン、そしてヘヴィかつ変則的なリズムを叩き出すドラムスとベースが創出した音楽は、きわめて非人間的であり誰も耳にしたことのない、現代的なものだった。 本作こそは、インプロヴィゼーションを重視し、パーカッシヴでテンションの高い、いわば「フリー・ロック」とでもいうような新たな音楽へと進化した CRIMSON の生み出した最高傑作であり、YES から移籍したビル・ブルフォードに代表される先鋭的な音楽技術集団としての面目躍如たる作品といえる。
  ミューアのパーカッションの呪文が衝撃的なインストゥルメンタルを呼び覚ます「Lark's Tongues In Aspic Part One」は、ヘヴィ・メタリックかつエキゾチックな響きを持った現代音楽調インプロヴィゼーション。 「21世紀」以来久々の強烈なインパクトを持つナンバーである。 この作品を初めて聴いたときの衝撃は、忘れることができない。 続編である「Lark's Tongues In Aspic Part 2」は、うねる奇数拍子の上で攻撃的でメタリックなリフと虚空へ放たれんとするフレーズが絡みあい、破壊的ながらもドラマをもつ究極のヘヴィ・メタリック・ナンバー。 「Talking Drum」から「Part Two」への流れには音楽体験の原点といえるカタルシスがある。 またジョン・ウェットンの男性的なヴォーカルをフィーチュアし乾いた叙情を湛える「Book Of Saturday」や、前期 CRIMSON を彷彿させるアコースティック・アンサンブルが美しい「Exiles」も、この過激な作品の内にあって一層の輝きを放っている。
  本作は、フリップのギター・サウンドと鉄壁のリズム・セクションを核とした、革新的なヘヴィ・メタリック・インプロヴィゼーションが新たな時代の始まりを宣言する、新生 KING CRIMSON のデビュー・アルバムといえるだろう。 無比のオリジナリティと、まったくといっていいほど古さを感じさせないサウンドは、いまだに驚愕の的だ。 クラシックをベースにしつつもスコアにとどまらず、あくまでフレット上でのインスピレーションを大事にするフリップの姿勢は、ギタリストとして尊敬すべきものであろう。 また、推測だが、本作のアイデアには WEATHER REPORTMAHAVISHNU ORCHESTRA らの音楽が寄与しているように思う。 なお、ジェイミー・ミューアは、本作以前デレク・ベイリーの THE MUSIC IMPROVISATION COMPANY で活動している。ブルフォードの師匠役含め起爆剤としてはあまりにハマった人選といえる。アフリカン・ロックの ASAGAI でも活動しており、「Part 1」冒頭の異国的なパーカッションはこの辺りから来ている可能性がある。 邦題は、「太陽と戦慄」。

  「Lark's Tongues In Aspic, Part One」(13:37)ロック・インプロの完成形の一つ。
  「Book Of Saturday」(2:56)
  「Exiles」(7:42)叙情美。フルートはデヴィッド・クロスの演奏らしい。
  「Easy Money」(7:54)間奏部の頭のアナーキーなギター・ソロ、中盤のブルージーなジャムのグルーヴなど聴きどころは多い。
  「The Talking Drum」(7:26)元祖ドラムンベース。エンディングから次曲への渡しは、多くの人が語っている通り、これ以上はあり得ない完璧さ。
  「Lark's Tongues In Aspic, Part Two」(7:08)ヌオーヴォ・メタルはここから。
  
(ILPS 9230 / VJCP-2305)

 Starless And Bible Black

 no image
Robert Fripp guitars, mellotron, devices
John Wetton bass, vocals
Bill Bruford percussives
David Cross violin, viola, keyboards

  74 年発表のアルバム「Starless And Bible Black」。 ライヴでのインプロヴィゼーションと、むしろ第一期に近い構成のスタジオ・テイクを混在させた作品である。 いわゆる叙情的な作品はほとんど姿を消し、張り詰めた緊張とヘヴィで強烈なインパクトを持った作品が並ぶ。 アルバム全体を通すと作品にややばらつきを感じるものの、ミューア脱退後もフリップのメタリックなギターを中心とした前衛即興アンサンブルは完成に近づき、メロディアスなナンバーにおいてすら、異常なまでに緊迫感を保ったパフォーマンスを味わうことができる。 発表時には一部がライヴ録音であるという程度の説明であったように思うが、後のフリップのインタビューでほぼアルバム全体がアムステルダムでのライヴ録音への若干の手直しということが判明し、ファンを驚愕させた。
  オープニングの「Great Deceiver」は、前期のオープニング・ナンバーを彷彿させるハードなギターのリフと激しく変化するリズムが強烈なナンバー。 そして、ウェットンの巧みなヴォーカルとオリエンタルなエキゾチズムが香るアンサンブルによる「The Night Watch」は、メタリックな作品が並ぶ中で一際メロディアスに響く。 もっとも、全体を覆う緊張感や苛立ちのようなものは、隠すべくもなく見えてはくるのだが。 唯一安らぎを与えてくれるのが、「Trio」と名付けられた小品。 ヴァイオリンとメロトロンそしてベースのアルペジオが織りなす、典雅にしてデリケートな世界である。
  そして、アルバムのラストを飾るライヴ・テイクの大作「Fracture」は、後期の優れたインプロヴィゼーションとして、前期の「Moonchild」と双璧をなすと同時に、KING CRIMSON サウンドの最終到達点として圧倒的な迫力でそそり立つ象徴的な作品でもある。 この作品は言葉で云々できない。 ただ音を浴びるしかない。 一言添えるならば、本曲はギタリストとしてメカニックの限界に挑んだものでもあるということだ。 CRIMSON の前身である Giles Giles & Frip の唯一作に収録された「組曲第一番」のパターンの、高度な応用であることも分かるだろう。
  メタリックなインプロヴィゼーションの表現力は飛躍的にアップし、多様な曲調の作品を悲痛なまでの緊張感をもって演奏している。 パーカッシヴで巨大な即興演奏は、比類無い緻密さと荒々しさで迫るのだが、どこか絶望的な雰囲気を持って未来を予見しているように思えてならない。 アヴァンギャルドという観点では最も進んだ作品だ。 そして改めて、MAHAVISHNU ORCHESTRALIFETIME と同列に語るべきエレクトリック・ジャズの極北としての内容があるように思う。邦題は「暗黒の世界」。
  
  「The Great Deceiver」(4:03)
  「Lament」(4:01)
  「We'll Let You Know」(3:41)クロスによるエレクトリック・ピアノがよく聴こえるようにリミックスされると、今更ながらに、マイルス・デイヴィスの作品への意識が感じられる。
  「The Night Watch」(4:40)美しくはかない傑作。
  「Trio」(5:38)メロトロン、ベース、ヴァイオリンによる三重奏。ブルフォードはスティックを握って祈るように立ち尽くしていたそうです。
  「The Mincer」(4:08)ギターが出てくるまでは、SOFT MACHINE によく似ている。
  「Starless And Bible Black」(9:10)クロスはエンディングまではメロトロンに注力。
  「Fracture」(11:14)
  
(ILPS 9275 / VJCP-2306)

 Red

 no image
Robert Fripp guitars, mellotron
John Wetton bass, voices
Bill Bruford percussives
guest:
David Cross violin
Mel Collins soprano saxophone
Ian Mcdonald alt saxophone
Robin Miller oboe
Mark Charig cornet

  74 年発表のアルバム「Red」。 遂に編成はトリオへと縮退し、旧友イアン・マクドナルドやデヴィッド・クロスをゲストで迎えて製作された。 タイトル・ナンバー「Red」は、減音階の上をメタリックなギターが這いずり、うねり、爆発する、まさに臨界状態そのもののような緊張感をもつ名曲。 「Lark's Tongues In Aspic Part 2」と同じく、轟々たるリフが圧倒的なパワーで襲いかかり、ライド・シンバルのざわめきが異常なまでの緊張感を煽る。 ベースやギターの低音は獲物を屠る牙のように凶暴だ。 前曲の余韻のままに幕をあける「Fallen Angel」は、詩情豊かなヴォーカルを中心にアグレッシヴなアンサンブルがきわめて繊細な表現を見せる名バラード。 全体を貫くのは怒りに満ちたギターの轟音だが、その向うに哀しいまでに切実なメロディが響く。 ヴォーカルを彩るオーボエがどこまでも切なく美しい。 現代の CRIMSON クローンが依拠するのは、まさしくこのサウンドである。 エドガー・アラン・ポーを連想させるタイトルをもつ「One More Red Nightmare」は、かつてのオープニング・ナンバーのようにヘヴィなリフがリードする作品。 後期 CRIMSON のメタリック・サウンドで奏でる「21世紀」といったところか。 コリンズのソプラノ・サックスとギターが狂おしい交錯を見せる。
  「Providence」は前作を思わせる即興曲。 当時は分からなかったが、こういった演奏こそが CRIMSON の生の姿なのだ。 タイトルからしてもおそらく米国でのライヴ録音ではないだろうか。 終曲「Starless」は、暗黒の世界にこだまする力強い歌と美しい詞が一つになった CRIMSON 最後のメッセージである。 ヘヴィな反復が一気にジャズ色の強い即興演奏へと発展し、やがてテーマへと収束、ドラマチックにエンディングを迎える。 CRIMSON たるべきスタイルを意識的に再現しているような面もあるものの、感動しないといえば嘘になる。
  全編を通して、見事なまでにアンサンブルは計算し尽されており、どの作品も隅々まで神経のゆき届いた緻密なタッチで仕上げられている。 各メンバーのプレイもすばらしく、特にブルフォードのドラミングは、荒々しさと緻密さという相反する要素をまとめ上げた好演奏になっている。
  前二作が実験的/過渡的であったのに対して、このアルバムは個々の楽曲の完成度、分かりやすさという点で抜きんでているといっていい。 逆に既に CRIMSON の前進は止まっており、動きを失ったことによって、静止画のようにすべてをさらけ出しているともいえるのではないか。 聴きようによっては、すでに解散が予定されていたからこその捨て身によるクオリティとも取れる作品だ。 いずれにせよ、アグレッシヴなサウンドとミステリアスなインプロヴィゼーション、そして荒れ果てた叙情を交錯させた独特の音楽を完成させて、頂点に達した第二期 CRIMSON も、このアルバムで終焉を告げることになる。
  
  「Red」(6:16)
  「Fallen Angel」(5:58)傑作。
  「One More Red Nightmare」(7:07)
  「Providence」(8:06)
  「Starless」(12:18)
  
(ILPS 9308 / EGCD 15)

   80 年代以降は「Discipline」のシーケンサーの如き変拍子ギター重奏にびっくりさせられたものの、初めて「21世紀」を聴いたときほどの衝撃には至らなかった。 とはいえ、時代の音楽を的確に捉え、エイドリアン・ブリューというギタリストの参画に象徴されるような新しい表現手法にチャレンジするフリップの姿勢には、逞しさを感じたし、なによりその複雑怪奇な音楽をちゃんとライヴで再現しているのに驚いた。 スティック、シモンズ・シンセサイザー・ドラムスそしてフリッパートロニクスと、新たなテクノロジーを積極的に取り入れるところにも、バンドのいやフリップの貪欲なまでに積極的な姿勢が感じられる。 但し、あっけらかんとしたブリューのヴォーカル・スタイルと、霊験あらたかなるタイトルを持ち出した「Lark's Tongues In Aspic Part 3」には少し失望させられた。

 Discipline

 no image
Adrian Brew guitar, lead vocals
Robert Fripp guitars, devices
Tony Levin stick, bass, support vocals
Bill Bruford batterie

  81 年発表のアルバム「Discipline」。 「Drive To 1981」なるキーワードとともに現れたまさかの復活作は、アメリカ人ギタリスト、エイドリアン・ブリューとピーター・ゲイブリエルの作品にも参加したセッション・マン、トニー・レヴィンそしてビル・ブルフォードというフォーメーションによるテクニカル・エスニック・ロックともいうべき内容である。 ポリリズム、シーケンス、ギター・シンセサイザー(フリッパートロニクス)、エレクトリック・ドラムス、スティックなどの新奇な技巧とテクノロジーを操り、ニューウェーヴ、ワールド・ミュージック、無国籍、ディスコなど、時代のイコンとがっちりオーヴァーラップするサウンドが、旧来のファンの度肝を抜き賛否両論を巻き起こした。 A 面は、ブリューのギターがあまりにも有名な「Elephant Talk」から、超絶バッキングに加えて微妙なヒネリとキャッチーさが魅力のヴォーカル・ナンバー「Frame By Frame」、そして、旧来ファンをくすぐるヘヴィ・チューン「Indiscipline」らが並び、確かに衝撃的。 B 面は、ポリリズム、ギター・シンセサイザーなどを用いたエクスペリメンタルな音で迫り、終曲「Discipline」にて止めを刺す。 メタリックでありながらも奇妙なエキゾチズムによって丸みを帯びた音のイメージが、この終曲のぶつっと切れるエンディングを経ると、やおら剥きだしの金属のような、非人間的で凶暴な感触で甦る。 やはり KING CRIMSON の音なのだ。 プロデュースはグループと ROXY MUSICCAMEL で有名なレット・デイヴィズ。 同年初来日。
  ところで、本作を特徴づけるフレーズ反復によるミニマル的なアプローチについて、スティーヴ・ライヒの「Counterpoint」シリーズや「18 人の音楽家のための音楽」との関わりがあったのかどうか、興味あるところです。
  本アルバムからは 4 曲がシングル・カット(7 インチと 12 インチ)されている。

  「Elephant Talk」(4:41)シングルカット。
  「Frame By Frame」(5:07)人間シーケンサ。
  「Matte Kudasai」(3:47)最初のシングルカット。
  「Indiscipline」(4:32)シングルカット。
  「Thela Hun Ginjeet」(6:25)シングルカット。タイトルは「Heat In The Jungle」のアナグラム。
  「The Sheltering Sky」(8:21)
  「Discipline」(5:01)テクニカル・ダンス・チューンの傑作。
  
(POLYDOR 28MM0064)

 Absent Lovers - Live In Montreal 1984

 no image
Robert Fripp guitar
Adrian Brew guitar, drum, lead vocals
Tony Levin bass, stick, synth, vocals
Bill Bruford acoustic & electric drums, percussions

  98 年発表のアルバム「Absent Lovers - Live In Montreal 1984」。 80 年代 CRIMSON の総括としての意味が大きいであろう 1984 年のラスト・ツアーのライヴ・アルバム。 ライヴ盤としてはおそらく CRIMSON の最高作だろう。 ブリューの MC で「今日がツアー最終日です」と入っており、80 年代 CRIMSON の事実上の最後の活動を記録している。 内容は、「Larks' Tongues In Aspic」から「Three Of A Perfect Pair」まで 80 年代のレパートリーをほぼ網羅しており、どちらかといえば、ヘヴィな混沌よりもタイトな明快さを重視した演奏である。 オープニングから「Larks' Tongues In Aspic Part III」を経て、しばらくは、凶暴ながらもややライトなタッチの演奏(今思えば、確かに "ニューウェーヴな KING CRIMSON" なのである、「Red」ですら)が続くが、「Industry」から「Dig Me」辺りで最初のクライマックスが訪れ、CD 一枚目最後の「Indiscipline」では、火のついた、ほとばしるような演奏を聴くことができる。 この曲が、音楽的にアルバム「Islands」の流れにあることを今回初めて気がついた。 二枚目は、MC から始まり、1 曲目からフリップが大爆発。 きわめて 80 年代的なバックをしたがえた奔放なソロである。 「Frame By Frame」はもはや自家薬籠中、安定感と疾走感を備えた名演だ。 うっすらラテン風味を漂わせるヴォーカル・ナンバーに続き、「Sleepless」はダイナミックなリズム・セクションが突出する内容。 この二人の、この音が 80 年代 CRIMSON なのだともいえる。 メロトロンの轟音と刃物のようなギター。 「Lark's Tounges In Aspic(Part II)」も重さよりも凶暴なスピード感を突きつけてくる。 自ら葬り去るときの最後の輝きが、スタイリッシュな美しさをもつのは、今回も同じ。 CD 二枚組。 エンハンスド仕様。

  「Entry Of The Crims」(6:27)
  「Lark's Tounges In Aspic(Part III)」(5:05)
  「Thela Hun Ginjeet」(7:07)
  「Red」(5:49)
  「Matte Kudasai」(3:46)
  「Industry」(7:31)
  「Dig Me」(4:00)
  「Three Of A Perfect Pair」(4:31)
  「Indiscipline」(8:14)

  「Sartori In Tangier」(4:40)
  「Frame By Frame」(3:58)
  「Man With An Open Heart」(3:45)
  「Waiting Man」(6:26)
  「Sleepless」(6:08)
  「Lark's Tounges In Aspic(Part II)」(7:55)
  「Discipline」(5:04)
  「Heartbeat」(5:15)
  「Elephant Talk」(8:56)
  
(DGM9804)

 Vrooom

 no image
Robert Fripp guitars
Adrian Brew guitar, voice, words
Trey Gunn stick
Tony Levin basses, stick
Pat Mastelotto acoustic & electric percussions
Bill Bruford acoustic & electric percussions

  94 年発表のアルバム「Vrooom」。 91 年の「復活宣言」から三年、ようやく発表されたアルバム。6 曲で 30 分あまりのミニ・アルバムではあるが、ひさびさの新作である。 リズム・セクションを強化した六人編成は、グループによれば、「ダブル・カルテット」と呼ばれる。 作風は、80 年代よりも 70 年代の「Red」に近いメタリックでへヴィ、アナーキーなインストゥルメンタルにフリップらしい空間系の音処理を加えたもの。 ギターのモティーフは、あいかわらず個性的、いいかえると「超絶ワンパターン」である。 新鮮なのは、二つのドラムスが応答速度の速い即興風のインタープレイを見せるところ。 ブリューによる歌詞やタイトルにはいま一つセンスが感じられないが、陰鬱で鈍く光るサウンドには KING CRIMSON らしい魅力がある。 個人的には、次のフルレンス・アルバムよりも聴く機会が多い。

  「Vrooom」(7:16)「Red」、「Discipline」からの展開というべきへヴィ・チューン。新たなファン獲得を狙ってか、HR/HM への迎合も若干感じられる。スペーシーな叙情性は微妙。
  「Sex, Sleep, Eat, Drink, Dream」(4:42)
  「Cage」(1:35)「太陽と戦慄」超絶ギターがバッキングするテクニカル・パンク。個人的にはたいへん好き。
  「Thrak」(7:18)アナーキーでデンジャラスな力作。錯綜するビートをフィーチュアしたへヴィかつデジタルな感触のサウンド。
  「When I Say Stop, Continue」(5:18)即興でしょう。
  「One Time」(4:28)
  
(PCCY-00630)

 Thrak

 no image
Robert Fripp guitars, soundscapes, mellotron
Adrian Brew guitar, voice, words
Trey Gunn stick, backing vocals
Tony Levin upright & electric basses, backing vocals
Pat Mastelotto acoustic & electric percussions
Bill Bruford acoustic & electric percussions

  95 年発表のアルバム「Thrak」。 91 年の再結成宣言以来、ベスト盤やボックス・セット等の発表はあるものの肝心の新譜が発表されず、ファンをやきもきさせたが、ミニアルバム「Vroom」を経て、遂に新新生 KING CRIMSON がヴェールを脱いだ。 「Vroom」からの作品を再アレンジした、強烈なインストゥルメンタルを中心にしたアルバムである。
  ミューア/ブルフォード以来のツイン・ドラムスを含むダブル・トリオ(ジャズでは、オーネット・コールマンによるダブル・カルテットがあった)という変則的なフォーメーションは、メタリックな凶暴さと冷ややかに醒めた空気を生み出し、80 年代 CRIMSON に通じる感触をもちつつも、ヘヴィなリフを前面に押し出したインストゥルメンタルと飛躍的に質の上がったヴォーカルから、グループがそこよりもさらに成長を遂げていることが分かる。 荒々しくも個性的なギター・ワークとスティック、メロトロンの繰り出す淡い色彩のメロディのコントラストが、非常に印象的だ。
  オープニングの「Vroom」は、本アルバムのサウンドの中核をなす、「Red」的な強烈なリフが激しく自己主張するヘヴィ・メタリック・チューン。 アルバムのラストにも「Vroom Vroom」として、さらに「Vroom Vroom Coda」としても、たたみかけるように変奏される。 3 曲それぞれに特徴のあるヘヴィなインストゥルメンタルだ。 オープニングとエンディングがループを成し、エンドレスな世界を描くというのは古来お約束の手法だが、ヴァリエーションに富んだ本作では、なかなか効果的ではないだろうか。 また、「Dinosaur」は、アグレッシヴなヴォーカルとヘヴィなギター、メロトロンの重々しい響きがすべて現れ、CRIMSON サウンドの一種総括である名作。 そして、ツイン・ドラムスをフィーチュアした「B'Boom」を序章にして突入するタイトル・ナンバー「Thrak」は、ダブル・カルテットが明確に機能するインダストリアル・ミュージック風のナンバー。 重なり合う幻惑的なドラム・ビートによる恐るべきインタープレイが繰り広げられる。 90 年代 CRIMSON の新生面を見せる作品だ。
  6 分以上の曲が一つのみ、というのも時代を意識してのことなのかもしれないが、曲の配置と間のつなぎが巧みであることで、全体を通した大きな流れ/雰囲気が感じられる。 したがって、一気に聴くことができる。 難点は、後半のヴォーカル・ナンバーでのギター・プレイが、音響処理も含め、やや単調なことだ。 さらに興味深いのは、ヴォーカル・ナンバーに漂う 60 年代サイケデリックの空気感である。 これは一体どこからきたのだろう。
  パーカッシヴで引き締まったリズム・セクションと、アナーキーでヘヴィなギターの生み出す強烈なアタック、ヴォーカルとスティック、メロトロンの漂わせる乾いた叙情が、やはり CRIMSON 以外の何者でもない音楽を創り上げている。

  「Vrooom」(4:37)
  「Coda: Marine 475」(2:41)
  「Dinosar」(6:35)
  「Walking On Air」(4:34)
  「B'Boom」(4:11)
  「Thrak」(3:58)
  「Inner Garden I」(1:47)
  「People」(5:53)
  「Radio I」(00:43)
  「One Time」(5:21)
  「Radio II」(1:02)
  「Inner Garden II」(1:15)
  「Sex Sleep Eat Drink Dream」(4:48)
  「Vrooom Vrooom」(5:37)
  「Vrooom Vrooom: Coda」(3:00)
  
(PCCY-00700)

 Vrooom Vrooom

 no image
Robert Fripp guitars, soundscapes
Adrian Brew guitar, voice
Trey Gunn touch guitar
Tony Levin basses, stick
Pat Mastelotto acoustic & electric drums & percussions
Bill Bruford acoustic & electric drums & percussions

  2001 年発表のアルバム「Vrooom Vrooom」。 「ダブル・トリオ」期の秀作ライヴ・アルバム。 95 年のニューヨーク公演、および 96 年のメキシコ・シティ公演を収めた CD 二枚組である。 メキシコ公演側では、ひさしぶりの「21 世紀の精神異常者」をはじめ、70 年代の作品の演奏が非常に充実している。(「21 世紀」が始まったときの、一瞬呆気に取られた後に湧きあがる歓声の凄まじいこと!) 「Part II」は「The Talking Drum」に続いて始まるし。 一方、ニューヨーク公演側では、80 年代の作品を大きく取り上げている。 しかし、ニューヨーク公演側で最もすばらしいのは、「Thrak」である。 なんというか UNIVERS ZERO を思わせる緊張感とアヴァンギャルドなセンスが際立ち、非常に新鮮なのだ。 ここから THE BEATLES の「Free As A Bird」への展開はなかなか感動的だ。 すべての演奏がパワフルであり、轟音がヴェニューを揺るがしている様が手に取るように分かる。 強化されたリズム・セクションが最大の効果を発揮したのは、やはりライヴであった。 特異な編成による演奏ではあるが、KING CRIMSON のガチのプレイの迫力を味わいたい向きにはお薦め。

  Live In Mexico City
  「VROOOM VROOOM」(5:01)
  「Coda : Marine 475」(2:44)
  「Dinosaur」(5:05)
  「B'Boom」(4:51)
  「THRAK」(6:39)
  「The Talking Drum」(4:03)
  「Larks' Tongues In Aspic (Part II)」(6:13)
  「Neurotica」(3:40)
  「Prism」(4:24)
  「Red」(7:03)
  「Improv : Biker Babes Of The Rio Grande」(2:27)
  「21st Century Schizoid Man」(7:37)

  Live In New York City
  「Conundrum」(1:57)
  「Thela Hun Ginjeet」(6:44)
  「Frame By Frame」(5:12)
  「People」(6:12)
  「One Time」(5:52)
  「Sex Sleep Eat Drink Dream」(4:55)
  「Indiscipline」(7:16)
  「Two Sticks」(1:50)
  「Elephant Talk」(5:14)
  「Three Of A Perfect Pair」(4:16)
  「B'Boom」(3:47)
  「THRAK」(6:43)
  「Free As A Bird」(3:03)
  「Walking On Air」(5:35)
  
(UICE9070/1)

 The ConstruKction Of Light

 no image
Robert Fripp guitar
Adrian Brew guitar, vocals
Trey Gunn touch guitar, baritone guitar
Pat Mastelotto drumming

  2000 年発表のアルバム「The ConstruKction Of Light」。 順列組み合わせ的な分派プロジェクトを経て、四人編成で録音された作品だ。 冒頭から 80 年代以降の CRIMSON に共通する、独特のヘヴィなまろやかさをもち黒光りするようなテクニカル・サウンドが炸裂し、期待は裏切られない。 タイトル・ナンバーのような、二つのギターが地滑りのように巨大な断層を形成してゆく、あたかも 80'CRIMSON を総括するような演奏や、ブリューのダルなヴォイスにヘヴィ・メタリックなギターが絡みつくデカダンスあふれるムードなど、モダンな要素を取り入れつつも CRIMSON らしい演奏になっている。 ぞっとするほどテクニカルな切れと、武骨で不器用に叩きつけるような表現が同時に現れるところなど、「オルタナ CRIMSON」と呼んで差し支えないだろう。 今回はメロトロンは使われておらず、キーボード風の音もすべてギター・シンセサイザーによると思われる。 リズムはシュアーでタイトであり、打ち込みに生々しく凶暴なニュアンスを持たせている。 ワイルドにして正確無比な打撃技は、「Lark's Tongues」でのブルフォードをグレード・アップしたような感じだ。 特に、タイトル・ナンバーにおけるドラムンベースが新しく、そしてカッコいい。 また、今回の呼びものである「FraKctured」と「Lark's Tongues In Aspic-part IV」は、それぞれ過去の名曲の大胆かつフィージブルな翻案だ。 前者は、かつての当意即妙かつ凶暴な即興演奏的側面以上に、精密なフラクタル構造がイメージされる。 主役は完全にギター・アンサンブルであり、フリップの変則アルペジオ/リフの応酬である。 フル・ピッキングによる変則アルペジオは、もはやスタンダード化しつつあるのではないだろうか。 不思議なリリシズムすらたたえているところがすごい。 後者は、インパクトとドラマチックな展開という意味では、前者を凌ぐ名演。 迸るようなソロの応酬からコーダへの流れはかなり感動的だ。 そして最終曲はプロジェクト名義の作品。 アンビエントなサウンド・スケープを切り裂くようにヘヴィなアンサンブルが走る。 全体に、デンジャラスにしてアブストラクトな音の像の迫力は前作ほどではないものの、ギターのフィーチュア度合いとパンキッシュなスタンスには、原点回帰ともいうべきパワーを感じる。 唯一残念なのは、あっと驚くような新たな方向性があまり感じられないこと。 タイトル・ナンバーを始め「81 年」周辺のイメージがつきまとう。 我ながらファンとは身勝手なものであると思う。 個人的には、81 年以降の音楽的集約・成果のようなタイトル・ナンバーがベスト。 アメリカ人メンバーによる、ロバート・フリップをゲストに迎えた KING CRIMSON 変奏カバー集といえなくもない。

  「ProzaKc Blues」(5:29)
  「The ConstruKction Of Light」(8:39)"DISCIPLINE" CRIMSON の再構築。
  「Into The Flying Pan」(6:54)
  「FraKctured」(9:06)
  「The World's My Oyster Soup Kitchen Floor Wax Museum」(6:22)
  「Lark's Tongues In Aspic-part IV」(9:07)
  「Coda: I Have A Dream」(3:56)
  「Heaven And Earth」(7:46)ProjeKct X の演奏による作品とクレジットされている。
  
(Virgin Records America 7243 3 49261 2 0)

 The Power To Believe

 no image
Robert Fripp guitar
Adrian Brew guitar, vocals
Trey Gunn warr guitar, fretless war guitar
Pat Mastelotto traps, buttons

  2003 年発表のアルバム「The Power To Believe」。 「Nuovo Metal」なるキー・コンセプトの下、2001 年末の北米 Level Five Tour および近年得意の先行ミニ CD で感触をつかみつつ、万を辞して発表された新作だ。 たゆまざる「訓練」の賜物である超絶技巧を駆使しつつも、前作で顕著だったセルフ・カヴァー的な面はなく、技巧を明快な曲想に活かした好アルバムとなっている。 アクセスしやすさは前作を凌ぐだろう。 「RedCRIMSON と「1981」CRIMSON の融合形としても、満足のいくものだ。 本作品でも、メインの大作を複数のパートに分けて起承転結を明確にする、という手法がとられている。
   エイドリアン・ブリューのヴォーカルには、20 年のキャリアからだけではない存在感がある。 マステロットのドラミングは現代的であると同時にビル・ブルフォードの面影をしっかりと引き継ぎ、ガンのディストーション・ベースにもウェットンを思い出させるプレイがある。 アグレッシヴにしてシンプルなカッコよさにあふれる 2 曲目、「かもめの歌」のオーボエをを思わせるプロローグ/エピローグをもつ 4 曲目、CRIMSON 流オルタナティヴ・ギターロックともいうべき 6 曲目(「Sailor's Tale」や「Part.2」を思わせる凶暴なストロークが圧巻)、プログレな緊迫感あふれる 8 曲目など聴きどころは多い。 ワールド・ミュージック的な要素や、ギター・シンセサイザーによる透明感ある音など、フリップのソロに近い叙情的な表現もある。 安定したラインナップによる着実な作品作りの結実といえるだろう。 フリップ本人はどう思っているか知らないが、本作品はプログレッシヴ・ロックらしい作品だと思う。

  「The Power To Believe: A Cappella」(0:44)
  「Level Five」(7:18)
  「Eyes Wide Open」(4:09)
  「Elektrik」(8:00)疾走感とほのかにファンクなノリがカッコいい名作。
  「Facts Of Life:Intro」(1:39)
  「Facts Of Life」(5:06)
  「The Power To Believe II」(7:44)
  「Dangerous Curve」(6:43)
  「Happy With What You Have To Be Happy With」(3:18)
  「The Power To Believe III」(4:09)
  「The Power To Believe IV: Coda」(2:29)
  
(VIRGIN AMERICA 7243 8 49261 2 0)

 Epitaph Official Bootleg: Live In 1969

 no image
Robert Fripp guitars
Ian McDonald flute, sax, clarinet, keyboards
Greg Lake bass, lead vocals
Michael Giles drums, percussion
Peter Sinfield words, illumination

  97 年発表のアルバム「Epitaph Official Bootleg: Live In 1969」。 最初期メンバーによるライヴ録音の正式版。 BBC スタジオライヴとニューヨークのフィルモア・イースト、サン・フランシスコのフィルモア・ウエストの三種の音源から構成される。 アルバム・テイクとは微妙に異なるアレンジ、歌詞、そしてインプロヴィゼーション・パートを楽しめる。 バンドとしてのアンサンブル、マクドナルドの管楽器、ジャイルズのドラミング、レイクの高音部を多用する攻撃的なベースと美声の歌唱はとにかくみごと。 ギターはアドリヴこそ後のレベルに達していはいないが、バッキングやアンサンブル内でのバランスはすばらしい。 それにしてもライヴでもこれだけ均整の取れた緻密な演奏ができたとは、驚異としかいいようがない。 CD 二枚組。 個人的に、メロトロン以上にファズ・ギターが独特の広がりある音を作っていると感じた。

   BBC ラジオ・セッションより。
  「21st Century Schizoid Man」(7:06)
  「In The Court Of The Crimson King」(6:27)
  「Get Thy Bearings」(5:59)ドノヴァンのカヴァー。(「The Hurdy Gurdy Man 」収録) ブートではおなじみでした。ほぼ原曲のイメージであり、サックスのオブリガートは後にそのまま「Sailor's Tale」(「Pictures Of A City」もか?)に取り入れられる。
  「Epitaph」(7:08)
   フィルモア・イースト 1969 年 11 月 21 日録音より。
  「A Man, A City」(11:41)スタジオ版では「Pictures Of A City」というタイトルになった。
  「Epitaph」(7:42)
  「21st Century Schizoid Man」(7:16)
   フィルモア・ウエスト 1969 年 12 月 14 日録音より。
  「Mantra」(3:47)編集の妙で前曲から違和感なくつながっている。この出来にライナーではフリップ氏が「一瞬で東海岸から西海岸に移動した」とご満悦。さんざめくライド・シンバルとフォーキーなギター・プレイ、ミスティックなフルートが印象的なインストゥルメンタル小品。
  「Travel Weary Capricorn」(3:15)前曲の雰囲気をややジャジーにした小品。ヴォーカルはマイケル・ジャイルズ。 フルートはここでも鋭いインプロを披露。ギターはジャズのバッキング。
  「Improv - Travel Weary Capricorn」(2:23)スパニッシュ・ギターで始まるラテン風の即興。ギターは 2 本入っているようなので、レイクかマクドナルドが演奏しているのだろう。奇妙なノイズはメロトロン?
  「Mars」(8:53)スタジオ版では「The Devil's Triangle」というタイトルになった。モチーフはグスタフ・ホルストの「惑星」より「火星」。魔術めいたパワーのある怪曲。荒野を吹きすさぶ風のようなメロトロン。
  
   フィルモア・ウエスト 1969 年 12 月 16 日録音より。
  「In The Court Of The Crimson King」(7:13)
  「Drop In」(5:14)スタジオ版では「The Letters」というタイトルになった。 ジャジーなブリッジがおもしろい。「And live to die another day」という歌詞があるが、慣用句なのだろうか。レイクがブルース・シンガーとして熱唱。
  「A Man, A City」(11:19)フリー・ジャズっぽい尾篭なブロウと逸脱調のインタープレイが強烈。破格。
  「Epitaph」(7:31)
  「21st Century Schizoid Man」(7:37)「これはお前らのことだ」と聴衆のアメリカ人に言い放っての本曲。ギター・ソロはここでもスタジオ盤ほどの冴えを見せない。
  「Mars」(9:42)
  
(PCCY-01087)

   お薦めということでは、60-70 年代は全アルバムがベストといわざるをえない。 おそらく、まず「In The Court Of The Crimson King」か「Lark's Tongues In Aspic」から入って、その次へと進むのがよいでしょう。 前者から四枚は、強烈な決めのフレーズを核にし前衛ジャズ風の展開を見せるハードな作品と叙情的なヴォーカル・ナンバー、そしてメロトロンが大活躍のシンフォニックな作品という基本構成を持つ。 また後者以降は、インプロヴィゼーション中心のメタリックで前衛的なナンバーと男性的な力強さを持ったヴォーカル・ナンバーが多い。 そして、不思議なことに、90 年代の作品の方が 80 年代の作品よりも 70 年代の音に近い、と感じる。これは僕だけだろうか。
  僕にしては長い間聴き続けているグループのせいか、いくつか思い出めいたものもある。 スピーカを自慢するオーディオ・マニアの家で、サンプルとして「太陽と戦慄」をフルヴォリュームでかけた時のこと、イントロのパーカッションの金属音をバックにステレオの説明をしていた彼が息を呑むと同時に音が爆発し、壁にかけてあったコートが落ち、サッシのガラスがビリビリと震えた。 そして一階にいた家人が、何か爆発したのかと血相変えて飛び込んできた。
  2003 年二年ぶりの新譜「Power To Believe」が発表され、ワールド・ツアーが行われた。


  close