AMON DÜÜL U

  ドイツのサイケデリック・ロック・グループ「AMON DÜÜL U」。 緩やかなアーティスト・コミューン AMON DÜÜL から音楽を指向するメンバーが AMON DÜÜL II として分裂独立した。 元々プロのミュージシャンではないが、クリス・カーラーとジョン・ヴァインツィエルが音楽の核になった。 79 年解散。 90 年代に復活。 わたしは MOGWAI などの最近のグループの音が AMON DUUL II に聴こえることが多いです。

 Phallus Dei

 
Chris Karrer violin, guitars, sax, vocals Dieter Serfas drums, electric symbals
Peter Leopold drums, percussion, grand piano Shrat (Christian Thiele) bongos, vocals, violin
Renate Knaup vocals, tambourin John Weinzierl guitars, bass
Falk Rogner organ, synthesizer Dave Anderson bass
guest:
Holger Trülzsch turkish drums Christian Borchard vibraphone

  69 年発表の第一作「Phallus Dei(神の鞭)」。 内容は、トライバル・ビートを刻むパーカッションと東洋風のスケールを用いたギターが特徴的な、わりとシンプルなロックである。 鋭いリズム・センスと機敏な運動性など、混沌としたノイズ・ミュージックからの出立/発展としてはかなりのものだ。 頓狂なヴォーカルやスペイシーなオルガンのエコーも交えて延々と続く演奏は、原始的かつ呪術的なイメージがあり、一種独特の奇妙な味わいをもつ。 創作のベースに往時流行のインド/東洋志向があるのは確実であり、また、そのベクトルおかげか、ヘタウマながらも泥酔風のダラダラ感やガレージ風の暴力的な音はなく、どちらかといえば穏やかに秩序だっている。 穏やかさの理由の一つは、ドイツ・ロック特有のシンプルな反復を多用するリズム・セクションにかなりの安定感があるためだろう。 このリズムがあるので、ギターやヴォーカルが無茶に暴れられるようだ。 また、オルガンのシングル・トーンによるメロディが、あたかもハーモニーのように演奏に対して厚みをつけていて、空間的な音響演出となっている。 英米のサイケデリック・サウンドに、民族音楽風のテーマとビートを持ち込んだエスニック・ロック、という表現が適切だろう。 発展途上だが目指しているところが分かる、なかなかカッコいい音です。 そして、ここの音は 10 年余りを経て PUBLIC IMAGE LIMITED の「Flowers Of Romance」として花開きます。 なお REPERTOIRE RECORD の CD ではクリス・カーラーがメンバーとしてクレジットされていませんが、誤りだと思います。 また、最近の CD では、タイトル曲が 1 曲目になっているものもあります。

  「Kanaan」(4:02)原始のビートとなまめかしきギターによる快調なナンバー。 クール・ダウンするようなヴァイブのアクセントがいい。 逞しい VELVET UNDERGROUND という感じ。 名曲です。

  「Dem Guten, Schönen, Wahren」(6:12)執拗な反復ビートを生むリズム・セクションに支えられて、素っ頓狂なファルセット・ヴォイスやシンプルなギター・プレイがうねうねと、しかし着実に進んでゆく作品。 ところどころで、オルガンや SE 風のヴォイスでアクセントをつけている。 深いエコーがかかったサイケな酩酊世界。 迸るような勢いはなく、どこか長閑。 一部、たるんだようなギターが刻む変拍子もあり。

  「Luzifers Ghilom」(8:34)。 パーカッションも用いた力強いリズムとギター・リフの搬送波に乗って、頓狂なデタラメ・ヴォーカル・パフォーマンスが走り続ける。 ドラムスとともにギター、オルガン、ベースもやたら元気。

  「Henriette Kröfenschwanz」(2:03) マーチング・スネアとファルセットのコーラスによる行進曲。 Placeholder か。

  「Phallus Dei」(20:47)。 深い残響と電子音のたゆとう、スペイシーなインプロヴィゼーション。 冷ややかなサイケデリック空間を埋め尽くしてゆく熱っぽくシャープなギターがすばらしい。 またヴォーカルはドイツ語の模様。
  
(LBS 83 279 I / REP 4747)

 Yeti

 
Peter Leopold drums Shrat bongos, vocals
Renate Knaup vocals, tambourin John Weinzierl guitars, vocals
Chris Karrer violin, guitars, vocals Falk Rogner organ
Dave Anderson cbass
guest:
Rainer guitar, vocals Ulrich bass
Thomas flute

  70年発表の第二作「Yeti(地獄!)」。 前作と比べると、よりハイテンションで強いビート感のあるサウンドが特徴である。 とにかく、素直にギターがカッコいいといえる瞬間が圧倒的に増えているのだ。 ノイジーなのに切れ味のある演奏が、VELVET UNDERGROUND をイメージさせるのは、ヴァイオリンの存在だけではなくヘタクソなガレージロックに込めら れた高尚な思いのおかげでしょう。 AMON DÜÜL のメンバーがゲスト参加。 アナログ二枚組。 CD では一枚にまとまったが 7 曲目「Pale Gallery」は日本盤のみが LP オリジナルであり、他の盤では 2 分少々に切られている。

  快調なリズムと呪術的なギターのコード・カッティングでエキサイトしたまま突っ走るメドレー・ナンバー「Soap Sharp Rock」(13:24)から始まるアルバム前半は、ロックらしいカッコよさにあふれる好展開。 カーラーのシャープなギター、うねるベースと無機的なビートを叩きだすドラムスから成るリズム・セクションが原色の空間を貫いて躍動する。 また、英語による男/女性のヴォーカルのミステリアスな絡みや、引き攣るようなヴァイオリン(「Gulp A Sonata」、「Flesh-Colored Anti-Aircraft Alarm」)も強烈だ。 ノイジーな演奏とダルな歌声にもかかわらず、強引なキメとともに最後まで緊張感の続く作品である。

  2 曲目「She Came Through The Chimney」(3:56)ナチュラル・トーンのギターのアルペジオが印象的なポップなナンバー。 ヴァイオリンやオルガンはいかにもサイケなプレイ。 パーカッションも特徴的だ。 インストゥルメンタル。

  3 曲目「Archangels Thunderbird」(3:30) ヘヴィで歯切れよいギターとパワフルなドラムスがやけっぱちなグルーヴを感じさせるナンバー。 レナート・クナウプのシャーマン系のヴォーカルもいい感じだ。

  4 曲目「Cerberus」(4:18) オリジナル AMON DÜÜL を思わせる得意のアコースティックな疾走ナンバー。 パーカッションとアコースティック・ギターによるもつれるようなリフレイン、そしてミステリアスなランニング・ベースのあやなす妖しい世界だ。 途中から加わるエレキギターもカッコいいぞ。

  5 曲目「The Return Of Ruebezahl」(1:35) 本アルバムの特徴であるギター・リフの決まった小品。

  6 曲目「Eye-Shaking King」(6:37) ギター・リフと重量感あるリズム・セクションをエンジンにアシッドなギターとヴォーカルが絡み合うサイケデリック・チューン。 ドライヴ感がありながらも全体に混沌としたムードを漂わせる。 その混沌を貫いて進むギターの過激さ、カッコよさはアルバム中でも出色。

  7 曲目「Pale Gallery」(2:11) オルガンとギターが響き合うサイケデリック・チューン。 スペイシーなギミックが冴える。 やや展開不足か。

  8 曲目「Yeti」(18:00)後半のインプロヴィゼーションは、ここからスタート。 第一作の延長上にある浮遊感とともに、前半で提示された推進力をアピールしているようだ。 デタラメな演奏を続けているとごくたまに現れる奇跡の瞬間を、しっかりつかまえて演奏として仕上げているイメージである。 9 曲目「Yeti Talks To Yogi」(6:06)のエンディングへ向けて次第に緊張が高まり走り出す、このどうしようもないカッコよさ。 やはり前半があることによって、この後半が活きてくる。 計算づくかどうかは知らないが、大当たりである。

  最終曲「Sandanz In The Rain」(8:55) AMON DÜÜL のメンバーをゲストに迎えた作品。 フルート、ヴァイオリンをフィーチュアし、彼等の音楽の原点のような呪術的なアコースティック・アンサンブルを聴かせる。 混沌としたインプロの後にアルバムを結ぶには、うってつけの味わいある作品だ。


  サイケデリックな中に、芯の通ったハードネスとグルーヴが感じられる作品。 抜群のリズム・セクションとギターが創出する「ノリ」は、サイケデリックとハードロックの中間地点に楔を打ち込んで不思議なバランスを保っているような気がする。 ストレートなカッコよさとともに、聴きやすさという点でも本作の前半は絶対のお薦めである。 ジャーマン・ロックもノイズ、テクノ、トランスだけじゃなくてこんなにカッコいい「ロック」があるんだと思わず見直してしまう好盤。 もちろん後半のトリップ具合もすばらしい。

(LBS 83 359/60 X / REP 4748)

 Dance Of The Lemmings

 
John Weinzierl guitars, pianoLothar Meid bass
Chris Karrer guitar, violinPeter Leopold drums, piano
Karl-Hienz Hausmann electronics, sound engineer
guest:
Jimmy Jackson organ, choir-organ, pianoAlois Gromer sitar
Heerlette Kroetenschwants vocalsRolf Zacher vocals

  最高傑作の誉れ高き 71 年発表の第三作「The Dance Of Lemmings(ロック共同体(野ネズミの踊り))」。 再びアナログ二枚組。 創作スタンスの変化だろうか、初めてプロのミュージシャン、ローサー・マイドをベーシストとしてメンバーに迎えた。 そして、A 面の大作の前半では、明らかに、このベースの積極的かつ堅実なプレイが演奏をリードしている。 アルバム前半は、日本民謡風のペンタトニック・スケールを多用するギターが個性的なグルーヴを生む、サイケデリック・ロック、アルバム後半は、テープ・コラージュやエレクトロニクスによるノイズを駆使した、長大なインストゥルメンタルである。 前半と最終面では、60 年代サイケか元祖パンクか、シンプルな演奏とダモ鈴木を思わせる癖者ヴォーカルのコンビネーションをフィーチュア。 ルー・リード、デヴィッド・ボウイ、JETHRO TULLGONG 辺りの影響もありそうだ。 独特の単調さのある作風がこのグループの個性なのだが、お経のように平べったいところとタイトな演奏を絶妙に組み合わせているために、凡庸な印象は皆無である。 特に、ユニゾンやハーモニーで決める全体演奏は、今まで以上にかっちりと引き締まっている。 ピアノ、シンフォニックなオルガンらキーボードも的確に使われるし、ヴァイオリン、シタールなど、民族楽器によるアクセントも効果的だ。 うねるように波打つアコースティック・ギターによる呪術的な効果、饒舌気味なベースが生むせわしなさなど、ヨレているようで意外にしっかり一貫した運動性がある。 この辺りの、ヘタウマの調合加減はみごとである。 全体に軽妙にして腰のグラインドはしっかりしており、なおかつ、うっすらとした幻想性もある。 1 曲目などは、もう少しクールに研ぎ澄まされれば CAN に迫ったろう。 もっとも洗練されるよりは、熱っぽく不器用なエモーションが直接吐き出されるスタイルの方が、このグループのよさが出る気もする。 2 曲目(LP 一枚目 B 面)のオムニバス大作は、このグループには珍しく英国ロックのようなノリを持つ傑作。 インドな煙たさやデタラメ・インプロ風のワイルドなノイズな中に、初期 PINK FLOYD のような詩情が浮かぶ。 一方 3 曲目(LP 二枚目 A 面)はエレクトロニクスを駆使したミュージック・コンクレート風の作品。 中盤では崇高なるオルガンが高鳴る。後半はかなりドラッギーな内容だが、やはり「シジファス」辺りの FLOYD を連想する。 そして最終曲は、長さほどそれまでの大作ほどではないが、反復に麻痺性の毒がある佳作。
  全体のイメージは、けだるげで軽妙な音がそこかしこにあるにもかかわらず、重厚で厳かで堂々とした風格を感じさせるものである。 傑作という手応えは、聴き始めてすぐに感じられるはずだ。
  ジャケットの雰囲気や「Lemming」というタームなど、VdGG の名作「Pawn Hearts」との関連はあるのでしょうか。
  ここで紹介した CD はフランス MANTRA のもの。ライナーはすべてフランス語である。

  「Syntelman's March of the Roaring Seventies」(15:51)
  「Restless Skylight-Transistor-Child」(19:33)
  「The Marilyn Monroe-Memorial-Church」(18:05)
  「Chewinggum Telegram」(2:41)
  「Stumbling over Melted Moonlight」(4:33)
  「Toxicological Whispering」(7:45)

(LBS 83 473/74 X / MANTRA 014)

 Carnival In Babylon

 
John Weinzierl guitar, acoustic 12 string, vocalsLothar Meid bass, vocals
Chris Karrer guitar, acoustic guitar, violin, soprano sax, vocalsDanny Fichelscher drums, congas
Peter Leopold drums, tambourinKarl-Hienz Hausmann keyboards, electronics, organs
Renate Knaup vocals
guest:
Joy Alaska backing vocalsF.U. Rogner organ
Olaf Kubler soprano sax, door

  72 年の第四作「Carnival In Babylon(バビロンの祭り)」。 ヴォーカルの充実と明快なサウンドが音楽的ターニング・ポイントを象徴する佳作。 ドイツ・フォーク的な夢幻の雰囲気にアメリカン・ロック的な乾いたカントリー風味が交差する内容は、充実した演奏力を活かして興味のままに雑食性を発揮した結果だろう。 前作までの長大なインストゥルメンタル・パートも減少し、楽曲はコンパクトにまとまっている。 得意のスペイシーなインストによる大作「Hawknose Harlequin」も 10 分ほどに抑えられている。
  エレキギターのプレイは、ワイルドにかき鳴らすスタイルからメロディアスで明快な表現へと移行し、それが象徴するようにサウンド面も、パワーこそ変わらないものの、ディープなサイケ調からハードロック的な芯のあるものとなった。 ヴォーカル・パートは、復帰したレネーテ・クナウプによる、あどけなさとけだるさが同居するいかにも女性らしい声と、男性ヴォーカル陣が分け合う。 声質の違いによる対比効果が、ドラマティックな語り口に活きているし、コーラスも充実している。 ツイン・ドラムスも面白い。 パーカッションやギターのカッティングが生む呪術的なうねりも健在ではあるのだが、全体としては、非常にキャッチーで聴きやすい、いわばメイン・ストリーム風のロックになった気がする。 そして、そのポップさ加減と、これまでのアシッドなムードがブレンドされて醸し出される幻想的な雰囲気が、なんともいい味わいなのだ。 フォーク・タッチもあり、全体としては、ブリティッシュ・ロック・ファンには違和感ない世界だと思う。 ただし、毒気に魅力を感じていた人には、やや物足りないかも。 ドラムスのダニー・フィッシェルシャーは後に POPOL VUH へと参加する。

  「C.I.D In Uruk」(5:39)
  「All The Years Round」(7:25)女声ヴォーカルをフィーチュアした夢想的なフォーク・ロック調の作品。
  「Ballard Of The Shimmering Sand」(6:37)
  「Kronwinkl 12 / Thanks to all the paranoid people who meanwhile move out」(3:54)
  「Tables Are Turned」(3:38)
  「Hawknose Harlequin」(9:53)

(UAS 29 327 I / CTCD-033)

 Wolf City

 
John Weinzierl guitars, vocals
Lothar Meid bass, vocals
Chris Karrer guitars, soprano sax, violin, vocals
Danny Fichelscher drums
Falk-U Rogner keyboards
Renate Knaup vocals, percussion

  72 年の第五作「Wolf City(狼の町)」。 アヴァンギャルドな泥酔アプローチを卒業し、コンパクトかつメリハリあるロックの形態を重視し、演奏へストレートに力を注いだ佳作。 独自のサイケ、アングラ・ムードを匂わせつつも、演奏はタイトにして起承転結が明快。 そして、ポップな聴きやすさもある。 存在感あるメロディをかっちりしたベース・ラインとアコースティック・ギターが支えて、メロトロンやヴァイオリンがいい感じでトリミングしている。 呪術的な反復も、ここでは効果的なアクセントになっている。 ブリティッシュ・ロック・ファンには、入りやすい作品ではないだろうか。 起伏を均してしまったようなビートやクールな凶暴性、ヘタウマなヴァイオリンなどは、VELVET UNDERGROUND への憧れだろうか。 JEFFERSON AIRPLANE のようなところや、THE BEATLES 風味も若干あり。 全体に、かっちりと構成され、均衡の取れた印象を与える作品といえるだろう。

  「Surrounded By The Stars」(7:46) 謎めいた民俗音楽風のギター、イタコ風のヴォイスによる妖しさが魅力の名曲。 メロトロンによるオブリガート、つっかかるようなヴァイオリンや弾けるグラム調のポップなサビなど、見せ場が多い。

  「Green Bubble Raincoated Man」(5:04) 甘めのファルセット・ヴォイス、女性ヴォーカル、そしてファズ・ギターが SF サイケを思わせるキュートなナンバー。 ガレージ風の疾走パートもユーモラス。

  「Jail-House-Frog」(4:54) 不可逆な展開をみせるダウナー・サイケ・チューン。 序盤は東洋風のギター・リフがリード。 ノイジーな伴奏をものともしないけだるげな表情のヴォーカルは、ルー・リードそのもの。 中間部は、バイエルのようなピアノ伴奏による幻想的なカエルの合唱。 終盤はソプラノ・サックスがスリリングに叫び、瞬間 SOFT MACHINE

  「Wolf City」(3:20) ノイジーにして危険な香りに満ちたスリリングな傑作。 ディレイを効かせたギターとイコライジングされたヴォイスが、悪夢のように交錯する。 ルー・リード風の抑制されたヴォーカルが冴える。 災厄の予兆を現す序曲のようである。

  「Wie Der Wind Am Ende Einer Strasse」(5:42) ハンマー・ビートの上で、ソプラノ・サックス、シンセサイザー、ヴァイオリンらがたっぷりエコーを取って広がってゆくインストゥルメンタル。 正統的なジャーマン・ロックな世界である。 終盤 1 分の「どサイケ」な展開もいい。

  「Deutsch Nepal」(2:57) ひずんだギターのノイズをひきずりながら流れ出る重厚なメロトロン・コーラス、演説調のドイツ語ヴォイス。

  「Sleepwalker's Timeless Bridge」(4:55) サイケな音使いながらも、イタリアン・ロックを思わせる田園風の赴きもある大傑作。 オブリガート風のベース・ラインがカッコいい。 前半の演奏には風格すら感じる。


(UAG 29406 / REP 4596-WY)

 Live In London

 
John Weinzierl guitars, vocals
Lothar Meid bass, vocals
Chris Karrer guitars, soprano sax, violin
Falk-U Rogner organ, synthesizer
Renate Knaup vocals
Danny Fichelscher drums
Peter Leopard drums

  73 年の作品「Live In London」。 1972 年 12 月 16 日クロイドンでのライヴ録音。 やや脱力気味で麻痺したような表情の乏しさが特徴の一つだったバンドだが、ライヴではなかなかの勢いとワイルドな押し、そしてキレがある。 その原動力の一つはツイン・ドラムスによるにぎにぎしいビートであり、もう一つは俊敏なベースラインである。 演奏の「腰」がこれだけ安定しているとギターとヴォーカルが無茶に暴れまわっても(逆に鬱状態に落ち込んでも)、タイトなグルーヴが決してなくならない。 位相系と歪み系と残響に深々と沈んだギターはいつになくヘヴィでダイナミックで、キーボードによるらしいギトギトしたサイケデリックな音響の効きもいい。 サイケデリックな酩酊感に加えてすでにニューウェーヴないかがわしさも現れており、それが早くも堂に入っている。 男女ヴォーカルによる呪術めいたハーモニーと演劇的な演出もハマっている。 REPERTOIRE の CD には 2 曲のボーナス・トラックがつく。

  「Archangels Thunderbird」(3:14)「Yeti」より。
  「Eye-Shaking King」(6:17)「Yeti」より。
  「Soap Sharp Rock」(7:32)「Yeti」より。
  「Improvisation」(3:42)
  「Syntelman's March of the Roaring Seventies」(8:06)「The Dance Of Lemmings」より。
  「Restless Skylight-Transistor-Child」(8:10)「The Dance Of Lemmings」より。
  「Race From Here To Your Ears」(4:49)
以下ボーナス・トラック。
  「Bavarian Soap Sharp Rock」(17:47)
  「Improvisation On Guip A Sonata」(2:51)

(UAS 29 466 I / REP 5005)


  close