ATLAS

  スウェーデンのプログレッシヴ・ロック・グループ「ATLAS」。 74 年結成。 79 年アルバム・デビュー。 作品は二枚。 最初のラインナップで 77 年から 80 年まで活動し、ビヨルン・エクボム脱退後に、二作目「Mosaik」を残す。

 Bla Vardag

 
Janne Persson guitars, conga
Uffe Hedlund bass, basspedal guitar
Micke Pinotti drums
Erik Bjorn Nielsen organ, piano, synthesizer, Mellotron, Rhodes
Bjorn Ekbom organ, piano, synthesizer, clavinet, klocka, Rhodes, tambourine

  79 年発表の第一作「Bla Vardag」(神話の復活)。 内容は、ツイン・キーボードと朴訥なギターを活かしたシンフォニック・ロック・インストゥルメンタル。 YESCAMEL のフュージョン・タッチをブレンドしてメロトロンも放り込んだ、スペイシーで明るめの曲調が主である。 スウェーデンのグループらしい人懐こいメロディ・ラインと、キーボードを中心にした暖かみのある音質も、特徴的だ。 演奏の軸となっているツイン・キーボードは、オルガンとストリングス、メロトロンとエレピなど、音色を大事にした組み合わせ技を得意としているようだ。 オーソドックスなピアノのプレイもいい。 そして、ギターは、キーボードに寄り添って太く朗々と歌ってゆくタイプ。 多彩な音色とメロディアスなプレイを信条とするキーボード、ギターに加えて、アンディ・ウォードによく似た切れのいい小技を見せるドラムス、見せ場ではきっちり音数を出すベースなど、リズム・セクションもセンス、テクニックともに充実している。 全体に、演奏には余裕があるといっていいだろう。
  さて、楽曲の方だが、耳にやさしいテーマとクラシカルできめ細かいアンサンブル、さらには YES などのグループから学んだと思われる明快なフレージングを主要なパーツとして、ゆったりと波打つような緩やかな雰囲気から、ほどよい緊張感、さらには、ジャズロック調のダイナミックな場面までを、バランスよく散らして語ってゆく作風である。 軸となるフレーズの明快さ、自然な抑揚、アンサンブルの立体感を意識させる適度な反復など、聴かせどころを心得ており、リラックスして音に耳を傾けることができる。 さほど難しいことをしているわけではないのだが、無駄な繰り返しやぎこちない展開がないために、印象がいい。
   メロディアスでありながら、小気味よく上品なユーモアも感じられ、なおかつジャジーなソフトさもある語り口は、やはり中期 CAMEL 風ということになるのだろうか。 また、繰り返しになるが、70 年代の多くのグループがそうであるように YES からの大きな影響もある。 こういう風に、ごく自然にシンフォニックな高まりを見せる想像力豊かな楽曲を味わってしまうと、ポンプ・ロックやアメリカ中心のメタル系プログレ・リヴァイヴァルものには、どうしても点が辛くなってしまう。 ここにあるのは、伝えるべき物語が豊かならば口角泡飛ばす必要は全くなく、素朴な語り口でも音はしっかり心にしみわたってゆく、という見本の一つである。
  日本のファンへむけての謝辞があるところから、CD 化に際しては、日本からの強力な要請もあったものと思われる。全曲インストゥルメンタル。

  「Elisabiten」(7:12)クラシカルなピアノのオスティナートに、YES 風のアタックの強いキメが重なる印象的なオープニング。 流れるようなギターとキーボードによるややフュージョン・タッチのアンサンブルで走りながら、ムーグのソロや小気味いいユニゾン、ドラム・フィルを決めてゆき、次第に主役を入れかえながら進んでゆく。 前半最後の変拍子テーマに魅力を感じられるかどうかが、一つのポイントだろう。 後半、テンポをぐっと落としてメロトロン、ギターらでゆったりと歌ってゆき、いつしかメロディアスなテーマへと帰ってくる。 フュージョン CAMEL にテクニカルな YES 風味を加えた名品だ。

  「Pa Gata(I & II)」(14:10)ギター、オルガンのリードによるオーソドックスな 7 拍子テーマ演奏は GENESISCAMEL 直伝か。 2:30 辺りのオルガン、ピアノのリフレインは、明らかに GENESIS からの拝借だろう。 ここまでギターとキーボードが交互にリードを取りつつ進んできている。 8 ビートになるとともに、ミステリアスな色合いも生まれるが、オルガンのオスティナートをバックにしたヴァイオリン奏法ギターからの粘っこいギター・ソロで、再び GENESIS 風味が強まる。 ピアノ、メロトロンが加わって、ぐっと厚みを出すとパート 1 の終了だ。
  勢いのいいオルガン・リフレインがドライヴする演奏は、ピアノも加わり 8 分の 6 拍子で走り出す。 巻き舌での早口言葉のようなフレーズをたたみかけ、再び「ブロードウェイ」GENESIS からの拝借フレーズが繰り返される。 再び、オルガンとともにミステリアスな 7 拍子へと復帰、アコースティック・ギター、ピアノによるややジャジーなドラムレスの即興パートをはさみ、ジャズ・ピアノ・ソロそしてジャズ・オルガン・ソロ、最後は、オルガンの高鳴りとともに、気高い全体演奏で締める。 最後のムーグがカッコいい。
  GENESIS 風のフレーズを散りばめた大作。メロディアスな場面もあるが、どちらかといえばせわしなさと変化してゆく面白さが主だろう。 終盤のジャズ・アドリヴは、面白いがあまり効果なし。

  「Bla Vardag」(6:56)ホイッスル風のムーグ・シンセサイザーが優美でロマンティックなメロディ(ほんのりエキゾチックでもある)でリードするリリカルな作品。 5+6 拍子やソフトなエレピ含め、今度は CAMEL タッチ。 強いアクセントの利かせ方も巧み。

  「Ganglat」(2:52) 一転してハードなジャズロック小品。 きつめのリズムの上で、ギターやエレピのソロそして決めのユニゾンなどが披露される。 エレピ、ドラムス、ベースが特にみごと。 FINNFOREST にも通じる内容だ。

  「Den Vita Tranans Vag」(7:18) 前々曲と同じく、フルートを思わせるムーグと前曲のようなエレピによるファンタジックなデュオが、ジャズロックを予感させるも、リズムの開始とオルガンによる演奏の主導によって、堅実なシンフォニック・ロックへと変化してゆく。 律儀なギターのフレーズとメロディアスなユニゾン、さらにはユニゾンでリズム、テンポを揺らして一気に加速。 シャープなオルガンとシンセサイザー、ギターとのやりとり、緊迫したユニゾンがカッコいい。
  転がるようなテンポ・アップにオルガンのプレイを交えて、クラシカルなムードを強め、ギターとメロトロンのアンサンブルまで持ち込まれる。 目まぐるしい急展開が続く。 最後は、すべてを忘れたかのようにホィッスル・シンセサイザー、エレピ、メロトロンによるメローなアンサンブルが静かに流れてゆく。
  気まぐれなイメージの強いファンタジックなシンフォニック・ジャズロック。 いたずらっぽい印象の作品だ。

  「Bjomstorp」(6:17)ボーナス・トラック。 82 年の二作目「Mosaik」より。

  「Hemifran」(7:50)ボーナス・トラック。 77 年の作品を 95 年に再録。 ギターがややネオプロ風である以外はオルガン、ピアノを用いた演奏は 70 年代の音に近い。 かなりの名作である。

  「Sebastian」(4:31)ボーナス・トラック。 78 年のリハーサル・トラック。 雑音は大きいのだが、端正なバロック調のピアノから始まるクラシカルなシンフォニック・ロックの逸品。 オルガン、メロトロンもすばらしい。

(Bellatrx BLP 705 / AMP 9508 - SYMPHILIS 3)


  close