Al Di Meola

  スーパー・ギタリスト 「Al Di Meola」。 72 年、20 才で RETRUN TO FOREVER に参加以来、スーパー・ギタリストとしての道を歩む。 80 年代スーパー・ギター・トリオでの活躍も有名。 超絶的な技巧を誇りつつも「弦を確実にとらえて弾いている」感がある稀有なギタリスト。

 Land of the Midnight Sun

 
Al Di Meola guitars, acoustic 6 & 12 string guitar, synth on 4, chime on 4, gong on 6
Steve Gadd drums on 1Lenny White drums on 2
Alphonse Mouzon drums on 5Chick Corea piano on 6, marimba on 6
Barry Miles electric piano on 2, mini-moog on 2Anthony Jackson bass on 1,2
Stanley Clake bass on 4Jaco Pastorius bass on 5
Mingo Lewis keyboards on 1, percussion on 1,2,4,5

  76 年発表の第一作「Land of the Midnight Sun」。 若きギター・ヒーローの誕生に相応しく、錚々たる顔ぶれを揃えた充実の一枚である。 70 年代のテクニカル・ジャズロックを代表する作品ともいえる内容だ。 既に実力は十分であり、ハードな速弾きとメロウなプレイさらには個性的なミューティングも駆使して、スリリングな演奏を繰り広げる。 マクラフリンとの違いは、暴走スケールがレスポール特有の太く粒の揃った音になっているところと、このミュート奏法である。

  「The Wizard」(6:46)攻めたてるギターが強烈なジャズロック。 ドライヴ感あふれるごり押しに仄かに漂うエキゾチックな香りがいい。 ゆったりしたテーマを弾いてもドキドキするような緊張感を感じさせるところが、この人の凄さである。 ソリッドで太めの音色はロック・ギター風。 ビジーなフレーズから一気にカーンと突き抜ける快感は、いかにもこの時代のジャズロックだ。 うねるようなバッキングとともに、ビジーなリフレインを執拗にたたみかけるスタイルも、いかにもこの人である。 後半にはシンセサイザーも現れて、ラテン色と交じり合いいよいよプログレ然としてくる。 スティーヴ・ガッドのドラム・パーカッションはまさに重戦車。 ギターをフィーチュアしたド派手ジャズロック・ナンバーの名作。 ミンゴ・ルイス作。

  タイトル・ナンバー「Land of the Midnight Sun」(9:10)ホットで官能的なギターのリードするイントロからグッと引き込まれてしまうラテン・ジャズロック。 エレピのバッキングや緻密なドラミングなど、RETURN TO FOREVER そのものといっていい演奏だ。 ギターは豊かな音色とミューティングでゆったりとくつろいだプレイを見せるが、細かいフレージングの隅々まで神経がゆき渡っている感じだ。 ムーグとのかけあいも抜群。 集中したリズムを解きほぐすようなパーカッション、そして白夜の空に向けて放たれるような開放感にあるギター。 ユニゾンの決めもカッコいい。 リズムとギターのスリリングなかけあいから、次第に演奏が収束しテーマへ回帰する。 華麗なテーマ変奏もみごとである。 名曲。 ドラムスはレニー・ホワイトの方が大向こう受けしそうだ。 デメオラ作。

  「Sarabande from Violin Sonata in B Minor」(1:20)アコースティック・ギター・ソロによるバッハのヴァイオリン・ソナタの小曲。 クラシック・ギターの教本に出てくるような選曲は、バークレイ卒を証明するためか。 演奏は無難なだけ。

  「Love Theme from "Picture of the Sea"」(2:25)エキゾチックなアンサンブルがやがて幻想的な響きを広げゆったりと空気の色を変えてゆく。 甘く官能的なギターのトーン。 アコースティック・ギターの伴奏も夜風のように涼やか。 ヴォーカルは幻想的なサウンドをさらに彩る。 デメオラ作。

  「Suite-Golden Dawn」3 部からなる組曲。 デメオラ作。
    「Morning Fire」(1:15)いきなりスリリングなスケールとパワーコードで疾走するイントロからもう全開。 高々 1 分 15 秒がなんと濃密な時間であることか。
    「Calmer of the Tempests」(1:12)一転ジャジーで柔らかな曲調へ。 しかしギターとベースがエロティックに絡みあう。
    「From Ocean to the Clouds」(7:22)ミュートを駆使したクリスプなカッティングから、再びエネルギッシュなアンサンブルが動き出す。 ギターの熱いフレーズに絡むタイトなバッキング。 メロディよりも、ハードなアタックが強調された演奏だ。 ベースのランニングやリフは、さすがという感じ。 エレピとギターの絡みはやや古典的なものの、フュージョンという語感には合わない、硬派なロック・スピリットを感じさせる。 この辺は理屈ではない。 ムーグは、今となってはやや微笑ましい音。 壮絶な速弾きやミューティングを使ったソロもあり。 しかし基本は、リズムとギターの絡みをフィーチュアしグルーヴィである。 最後は絶妙の呼吸でチャネルを右から左へと走り去る。 存在感のあるパストリアスのベース・プレイは、テクニカル・フュージョン・クリシェとして永遠である。

  「Short Tales of the Black Forest」(5:41)ピアノ、マリンバとアコースティック・ギターによるホットなデュオ。 ラテン風のパッショネートなメロディと躍動感、そして阿吽の呼吸が生む痛快さ。 ピアノ、ギターともにクラシカルな響きが一気に加熱し、ノーヴァの如き様相を呈す。 つむじ風のようなギターと丁々発止と渡りあい、ときに柔らかく包み込むピアノ。 息詰まるような緊張感とそれを解き放つ気持ちよさが繰り返し現れ、思わず釘づけ。 コリア作。 デメオラといったときにまず思い出すプレイはここのアコースティック・ギターです。

(CK 34074)

 Elegant Gypsy

 
Al Di Meola electric & acoustic guitars, percussion on 2, synth on 2,7Paco De Lucia acoustic guitar
Jan Hammer electric piano on 1,7, mini-moog on 1,7Barry Miles electric & acoustic piano on 2, 5, mini-moog on 5
Anthony Jackson bassSteve Gadd drums on 1
Lenny White drums on 2,3,5Mingo Lewis percussion, keyboards

  77 年発表の第二作「Elegant Gypsy」。 内容は、前作とほぼ同じメンバーに、スパニッシュ・ギターの名手パコ・デ・ルシア、MAHAVISHNU ORCHESTRA のヤン・ハマーを加えた、強力な布陣によるスペイン、サラセン風味あふれるエキゾティックなジャズロック。 掟破りな技巧の切れとロマンティシズムが均衡した豊かな作品であり、その魅力は小賢しい完成度ではなく若々しく大胆な挑戦をする姿勢にある。 ただし、埋め草風の小品はいただけない。 もう一つでもいいから高密度の作品が用意できれば、さらになる名盤になったはず。
  少し脱線。技巧を凝らすことだけを希求する速弾きプレイには歌心や音楽性が感じられない、というような意見はたしかにある意味筋が通っている。 また、加齢とともにリスナーの鑑賞の仕方がそういう傾向を帯びてくること(老衰とも成熟ともいう)もあるだろう。 しかし、あえて本作のような音楽を大音量で聴いてみると、意外や胸の奥で眠っていたもしくは半分死んでいた何かが甦り、おちつきはらったはずの感性をグツグツとたぎらせ始めないだろうか。 弦もブチ切れよとピックを奥深くまで突っ込んで勢いまかせの速弾きをする姿は、死んだジジイが思わず起き上がりそうなくらいエネルギッシュで官能的だ。 おそらく美辞麗句やおためごかしに満ちた、フワフワした音楽や世の中にウンザリしたときに聴くべきなのはこの作品なのだろう。

  「Flight Over Rio」(7:15) RETRUN TO FOREVER そのものともいえる、フィエスタなシンコペーションで奏でる疾走感あふれるスパニッシュ・ジャズロック。 イントロ、アウトロのギター・リフやメイン・パートのへヴィ・ディストーション・ギター、ヤン・ハマーのミニ・ムーグなどは、BRAND X にもよく似ている、というかこの時代の典型的な音。 グルーヴと緊張感。

  「Midnight Tango」(6:17) SANTANA ばりの官能的なギターが冴える情熱のフュージョン。 バリー・マイルスの気品あるエレクトリック・ピアノもいい。 中盤は、得意のミューティングによる速弾き、そしてアコースティック・ギターとアコースティック・ピアノによってスペイン情趣あふれる展開となる。 もっとも、プレイは意外なまでにアッサリしている。(ストリングスが上品過ぎるのかもしれない) もっと濃密にコブシを効かせて迫ってもいいように思うのだが。

  「Percussion Intro」(1:10) ミンゴ・ルイスとレニー・ホワイトのデュオによるパーカッション・インプロヴィゼーション。

  「Mediterranean Sundance」(5:11) パコ・デ・ルシアとのデュオ。 デメオラもアコースティック・ギターにもちかえ、ミューティングを駆使した超絶的な速弾きを披露する。 名手の真っ向ぶつかり合いながらバトルという感じではなく、熱気とともに湧き出てくるのはあくまで物悲しいジプシーの歌である。 おそらく右チャネルがデメオラ、左がルシア。 パコ・デ・ルシアはこの時点ですでにフラメンコの大御所であったわけだが、ジャンルを超えたギタリストの挑戦状を受けて、堂々火花の散るようなぶつかり合いを見せている。 本アルバムの最初のクライマックスであり、この二人にジョン・マクラフリンを加えたスーパー・ギター・トリオの「Friday Night in San Francisco」にも収録された名曲中の名曲。

  「Race With Devil On Spanish Highway」(6:17) おそらくデメオラの代表作といっていい「スペイン高速悪魔との死闘」である。 本曲で、ついにデメオラのプレイは爆走ハードロック・ギターと化す。 ヘヴィなリフ、スピーディなソロ、ラテン色たっぷりの泣きのフレーズ、爆走するアドリヴ、超速ユニゾンまで、ヴァラエティ豊かなギター・プレイが突きつけられるのだ。 重戦車的なドラムスと唸りを上げるベースらによるパワフルな演奏は MAGMAKING CRIMSON ばりに迫るのだが、その遥か上空をデメオラのギターが飛翔する。 おそらくデメオラは、ジャズをベースにしているがジョン・マクラフリンと同じくハードロック・ギターが大好きで、速弾きできればできるほどうれしいというタイプなのだろう。 楽曲そのものはほとんど枠組だけであり、超絶的なプレイを堪能すべき作品である。

  「Lady Of Rome, Sister Of Brazil」(1:45) 12 弦ギターだろうか、ライトゲージのアコースティック・ギターをオーヴァーダビングしたロマンティックで官能的なラテン小品。

  「Elegant Gipsy Suite」(9:14) 1 曲目同様 RETRUN TO FOREVER での経験を活かしたスペイシーなラテン・ジャズロック大作。 カラフルにしてハイ・テンションなアンサンブルを前面に押し出した組曲であり、デメオラ独特のミューティング、豪快きわまる重量級速弾き、エレピとベースの壮絶ユニゾン、個性的な超絶ミニムーグなど、見所満載だ。 強面で迫るだけではなく、メローな表現も巧みに演じて、いい感じのグルーヴを打ち出している。


(SRCS 9181)

 Friday Night In San Francisco

 
Al Di Meola acoustic guitars
John McLaughlin acoustic guitars
Paco De Lucia acoustic guitars

  81 年発表の作品「Friday Night In San Francisco」。 80 年 12 月 5 日サン・フランシスコ、ワーフィールド・シアターでのライヴ録音。 内容は、超絶的なギター・プレイヤーによる遠慮会釈のないバトルである。 三組のデュオによる三曲とトリオによる二曲。 エレクトリック・ギターの寵児であったデメオラが、フラメンコの巨人との共演を契機にアコースティックなプレイへの目覚めを見せ、奇しくもジャズ・ギタリストとして過激な実験の果てにアコースティックな音にたどりついていたマクラフリンも惹き寄せて、スーパー・ギター・トリオを成り立たせ空前絶後の作品を残した。 オープニングはデメオラとルシアのデュオによる名曲「Mediterranean Sundance」。両者譲らず、ルシアはとことんえげつない。圧巻。 デメオラとマクラフリンの高速ジャズ・ギター・バトルは、「ピンク・パンサー」のテーマも飛び出すユーモアと緊張感が絶妙のバランスを見せる。 マクラフリンとルシアのデュオはエグベルト・ジスモンチ作の名曲「Frevo」。 一世を風靡しました。

  「Mediterranean Sundance / Rio Ancho」(11:31)ルシア/デメオラ。
  「Short Tales Of The Black Forest」(8:41)マクラフリン/デメオラ。
  「Frevo Rasgado」(7:55)マクラフリン/ルシア。
  「Fantasia Suite」(8:50)トリオ。
  「Guardian Angel」(4:00)トリオ。

(SICP 750)


  close