ALAS

  アルゼンチンのプログレッシヴ・ロック・トリオ「ALAS」。 74 年グスタフォ・モレットを中心に結成。 作品は二枚。 タンゴも取り入れたラテン色濃いキーボード・ジャズロック。 EL&P プラス RETURN TO FOREVER

 Alas

 
Gustavo Moretto keyboards, wind, vocals
Alex Zucker bass, guitar
Carlos Riganti drums, percussion

  76 年発表の第一作「Alas」。 内容は、攻撃的なテーマをユニゾンでひきずり回す技巧的な変拍子キーボード・ロック。 RETURN TO FOREVER のような技巧的ジャズロックに EL&P の近現代クラシック風味とサイケデリックで神秘的な音響センスを盛り込んだ作風である。 頼りなげなヴォーカルと過剰なまでの技巧的表現をうまくまとめており、往年のイタリアン・ロックのように荒っぽさを生かしたカンタベリー(つまりラテン風 EGG)のような音といってもいい。 二つの大作は、それぞれ複数のパートから成る組曲風の作品。 変拍子による挑戦的な主題、ジャズロックらしいテクニカルなインタープレイ、幻想的な即興音響パートまでをひねくり回すような表現で貫く。 核となる印象的なメロディ・ラインがないところが弱点なのかもしれないが、演奏力と音響センスのままに奔放に振り回す演奏は痛快そのもの。 エレピを用いたジャジーなタンゴなどエキゾチックな表現もあり、したがって、さまざまな音楽要素が混じりあった面白さもある。 キーボードによる遠慮のない技巧の嵐があるだけに、トランペットやフルートによるエモーショナルな表現も俄然光ってくる。 俊敏な運動性、爆発的な情熱、素朴な歌心、これらが矛盾なくとけあうところが、南米プログレなのだろう。 エレクトロニクスを駆使しているはずなのに、どこかアコースティックで音も薄く聴こえるところがおもしろい。

  「Buenos Alres Solo Es Piedra」(15:48) テクニカルなテーマでジャジーで情感あふれるアンサンブルをつなぐ、6 パートから成る、アヴァンギャルドな即興風大作。 キーボードは、攻撃的なオルガン、ムーグ、エレピなど。 スペイシーな即興の果てにトランペットが現れ、ジャジーなグルーヴが浮かび上がるクライマックス。 そして再び過激なテーマで結ぶ。 一貫した流れはさほど感じられないが、息を呑むような演奏が次々と飛び込み飽きさせない。
  ユニゾンと変拍子を多用したテーマ「Tango」は、せわしなくひたすら技巧的。 続く「Sueno」は、一転してドリーミーなヴォーカルもの。 クロスオーヴァー的な音である。 「Recuerdo」は、ノイズが散在するフリー空間。もろに「ジャズ」である。 次第に密度が上がり反応が始まるところは、原始宇宙の星々の誕生シーンを想像させる。 「Trompetango」は、再びテクニカルなテーマ変奏。 シンセサイザーが、挑戦的な演奏を見せる。 いったん沈み込んでギターとキーボードが、リリカルな呼応を見せる。 オルガン、エレピが高鳴り、ベースがフィーチュアされる。 迸るようなハモンド・オルガン・ソロから再び過激なシンセサイザーの演奏へ。 ブレイク。 ストリングス・シンセサイザーが流れてベースがうごめくと「Tanguito」。 万感胸に迫るトランペット・ソロが始まる。キワモノ色は払底されオーセンティックな空気が強まる。 終章「Soldo」は、エレピとギターによるジャズロック。 一気にテンションが高まり、シンセサイザーがリードするアンサンブルが走る。 最後はハモンド・オルガンがテーマを再現、激しい加速とともに EL&P 調の攻撃性をアピールする。

  「La Muerte Conto El Dinero」(17:36) シンセサイザーとエレピがフィーチュアされたジャジーかつアヴァンギャルドなシンフォニック・ロック。 7 パートから構成される。 目まぐるしく駆け巡る演奏における狂言回しは、フォーキーで素朴な暖かみをもつ歌である。 中盤では、ラテンのリズムでハモンド・オルガンが攻撃的に疾走し、ムーグがシンフォニックに鳴り響き、すっかり EL&P である。 キーボードは多重録音のようだ。 インスト・パートでは、1 曲目よりもジャズロック色が後退し、典型的キーボード・プログレの音となるところも多い。 終盤には、エキゾチックな SE とともに現れるフォルクローレ風のフルートや、ドラム・ソロもある。 「Tarkus」に近い世界だ。

  「Aire」(4:35)ボーナス・トラック。 エネルギッシュな快速ジャズロック。 ムーグからハモンド・オルガンまで、いわゆるキーボード・プログレ的なプレイが光る一方、爽やかなヴォカリーズやポップなテーマが聴きやすくしている。 ポップスとプログレッシヴ・ロック、ジャズロックの境界を取っ払ったようなイメージである。 EL&P が、ジャズロックへ挑戦したような作品だ。

(EMI 859850-2)

 Pinta Tu Aldea

 
Gustavo Moretto keyboards, bandoneon, flute
Pedro Aznar bass, synthesizer
Carlos Riganti drums, percussion

  77 年録音、83 年発表の第二作「Pinta Tu Aldea」。 ベーシストは、後にパット・メセニーと活動する名手、ペドロ・アズナールに交代。 内容は、ジャジーなピアノと攻撃的なオルガンをメインに、敏捷なベースと軽目で手数の多いドラムスがぴったりと追いすがる、変拍子キーボード・ジャズロック。 前作よりも、テクニカルなジャズロック調は強まる。 細かなパッセージでユニゾンで決めるところや、ドラムレスの神秘的な空間に漂うエレクトリック・ピアノ、けだるげなヴォイスなど、初期の RETURN TO FOREVERMAHAVISHNU ORCHESTRA を思い出して正解だろう。 アズナールは、ベースのほかにシンセサイザーも操って要所で切り込み、鮮やかなアクセントを付けている。 おそらく、製作にさほど手をかけていないサウンドにおいて、このシンセサイザーとキーボーディストのモレットが担当するバンドネオンの音が一際異彩を放つ。 ラテン音楽とジャズ、ロックの融合という前衛的な試みながら、いわゆる英国プログレそのものといった感じはさほどでなく、官能的な表現と痛烈に技巧的なプレイが自然なノリを生んでゆく、優れた音楽となっている。 陳腐な表現だが、EL&P 的攻撃性と RETURN TO FOREVER 的グルーヴ、およびピアソラ的タンゴのミックスということになるだろう。 文字通りのフュージョンだ。 オルガン、ピアノ、バンドネオンから果てはフルートまでこなすモレットの技量と、ベース、シンセサイザー、アコースティック・ギター(クレジットなし)を巧みに操るアズナールの才気が、生み出した傑作である。 全曲インストゥルメンタル。 ボーナス・トラックのライヴ録音では、キーボード版 MAHAVISHNU ORCHESTRA のようなエネルギッシュな演奏を聴くことができる。

  「A Quienes Sino」(9:48)ストリングス・シンセサイザーによるスピリチュアルなムードのオープニングから、一気にエネルギッシュなオルガン、ムーグ・シンセサイザーの炸裂する攻撃的な演奏へ。 それでも、テーマに RTF 調のラテン風味がある。 アズナールも、遠慮なくテクニカルなベースを弾き捲くる。 ピアノがリードして雪崩れ込むキメのカッコいいこと! 後半からは、ジャジーなピアノを思い切りフィーチュアして走ってゆく。 オルガン、ストリングス・シンセサイザー、ピアノらによるシンフォニックな高まりを、ムーグ主導のテクニカルなユニゾンが引きずりまわして、ロマンあふれる大団円を迎える。

  「Pinta Tu Aldea」(10:16)大胆不敵なベース・ライン、挑発的なバンド・ネオンによるピアソラ風のタンゴ。 ドラムスともども急旋回を繰り返しテクニックを見せつける。 時おり、ふわりとメロディアスで美しい演奏に舞い降りる。 後半、再びテクニカルなアンサンブルが金切り声を上げて旋回しだすも、全体の印象は夢想的だ。

  「La Caza Del Mosquito」(7:06)
  「Silencio De Aguas Profundas」(13:30)
  「Live Session」(4:44)ライヴ・ボーナス・トラック。
  「Bs.As. Solo Es Piedra」(13:29)ライヴ・ボーナス・トラック。

(PRW 028)


  close